ジガバチについて


ジガバチという蜂がいます。青虫を狙って毒針で刺して麻痺させ、巣穴に埋め、そこに自分の卵を産み付けるそうです。孵化したジガバチの幼虫は、青虫の体を少しずつ食い、それを食い尽くすと蛹になり、やがて成虫になって飛び立ってゆきます。まことに恐ろしい昆虫といえましょう。

なぜその蜂はジガバチ、と呼ばれるのか?『広辞苑』には次のように言います。

獲物を穴に入れる時、翅をじいじい鳴らすので、古人が「じがじが(似我似我)」と言って青虫を埋めると蜂になって出てくるものと思い、この名がついたものという。

なかなか面白い命名譚なのですが、出典などが分かりません。

さて、中国の人々もこの蜂をむかしから「蜾蠃」と呼んでおり、それは『詩経』にも歌われています。小雅「小宛」の詩、その第三章。

中原有菽,庶民采之。
螟蛉有子,蜾蠃負之。
教誨爾子,式穀似之。

中原に菽有り、庶民 之を采る。
螟蛉に子有り,蜾蠃 之を負う。
爾が子を教誨し,穀(よ)きを式(もっ)て之に似す。

ジガバチが青虫を捕まえて、「教誨」して自分に似せさせる、というわけ。ただ、「似我」のことばは直接的には出てきません。

このジガバチのついて、中国側に興味深い資料があることに気がつきましたので、以下、ご紹介します。

平安時代に菅原是善が、『東宮切韻』という韻書を作りました。中国の隋唐の十三家の韻書をもとに作った、便利な本です。ただ同書はすでに失われていて、数百条の佚文が知られるに過ぎません。元弘三年の奥書を有する『五行大義』(穂久邇文庫蔵、汲古書院から影印本が出ています)には、注記として、その『東宮切韻』が三百条ほど写されています。

中村璋八氏「神宮文庫本五行大義背記に引存する東宮切韻佚文について」(『東洋学研究』11、1955年)は、穂久邇文庫蔵本と同じ内容を持つ神宮文庫本の『五行大義』から、『東宮切韻』を輯佚したものです。そこに、ジガバチの記述が見えるのです。標点は、中村氏のものを踏襲しています。

蛉 陸法言云。螟蛉。小青蟲。釋氏云。食桑者。郭璞云。詩云。螟蛉有子。蜾蠃負之。蜾蠃土蜂。取之致木。空中七日而成其子。里語云。其蜂。祝尚丘云。象々我々。

穂久邇文庫蔵本の影印本によって、これを確認し、新たに標点します。

「蛉」,陸法言云:螟蛉,小青蟲。釋氏云:食桑者。郭璞云:『詩』云:「螟蛉有子,蜾蠃負之」,蜾蠃,土蜂。取之致木空中,七日而成其子。里語云:「其蜂祝云:象我象我」。(影印本下冊、p.536)

中村氏の輯佚に見える祝尚丘は、『東宮切韻』が依拠した十三家の一。穂久邇文庫本には、「祝尚丘」ではなく、ただ「祝」とのみあります。神宮文庫本が「祝尚丘」と作っているのか、あるいは中村氏がそのように整理したのかは、未確認ですが、ともかく、祝尚丘とするのは誤りで、この「祝」は「咒」に通じ、呪文をかける意。

「釋氏」(これも十三家の一です)の説に、「その蜂は咒文を唱えて、『自分に似よ、自分に似よ』という」、そういう「里語」(世俗の伝承)が見えるというわけです。何とも、「似我似我」に似ているではありませんか。むしろ中国では、「象我」蜂であったのです。

さらに言うと、この説は慧琳『一切経音義』巻四十一にも見えているのです。

取桑上虫,負於土中,或於書卷中,或筆筒中,七日而化為子,故俗語云「咒曰:象我象我」。(T54-578b)

『東宮切韻』に引く「釋氏」の説が、慧琳『一切経音義』とどのように関係しているのか、軽率なことを言うわけにはゆきませんが、少なくともジガバチに関する限り、類似する記述が見えています。

中国の唐代頃の人々は、ジガバチの羽音を「象我象我」と聞きなしていたのでした。「象我」がなぜ「似我」になったのか、いずれ知りたいものです。