司馬貞の蹉跌


昨年、中華書局の『史記』が新しい標点本として出版されましたので、最近それを入手して楽しく読んでおります。

その『史記』卷七十四、孟子荀卿列傳に騶衍(鄒衍とも)の伝が附されています。そこでは、騶衍が奇抜な言を繰り出して諸侯に受け入れられた、といい、それが、諸侯にうとまれ続けた孔子や孟子の生き方とは異なっていたことを指摘します。

その上で、司馬遷は次のように言います。まず原文を示しますので、お目通しください。

或曰,伊尹負而勉湯以王,百里奚飯車下而繆公用霸,作先合,然後引之大道。騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎?

第一文の大意を述べましょう。かつて伊尹は、料理人となって調理用の鼎を背負って湯(トウ)に取り立ててもらい、その後、湯を王にすることに成功した。百里奚は、秦の穆公(繆公とも表記)の牛車の前に餌をまいて車を止めて穆公に接近し、その後、彼のおかげで穆公は覇者となった。伊尹や百里奚は、まず方便を使って君主たちと知り合い、その後で君主たちを正しい道に引き入れた。騶衍にも、あるいはそういう深謀遠慮があって、諸侯に好かれようとしたのではないか。そういう説がある、と、司馬遷は言います。

では、その後に続く原文「騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎」はどういうことでしょうか。「牛鼎」とは何を指すのでしょうか?

答えは簡単です。騶衍の話は、確かにまともなものではなかったが、伊尹・百里奚の意図と同じであったのかも知れない、ということです。「牛鼎」が指す内容は、百里奚が引き止めた「牛」と、伊尹が持っていた「鼎」。これは、十分に漢文を習った日本の高校生ならば、読み取りえましょう。誤読の余地の少ない部分です。

ところが、『史記』の代表的な注釈者の一人、唐の司馬貞(司馬遷の後人として、大いなる自負を持って『史記』の注釈を書いた人)は、この部分について大きな誤りを犯しているのです。

按『呂氏春秋』云:「函牛之鼎不可以烹雞」,是牛鼎言衍之術迂大,儻若大用之,是有牛鼎之意。

思うに『呂氏春秋』に「牛を入れて煮る鼎では鶏を煮られない」と。つまり「牛鼎(牛を入れて煮る鼎)」というのは騶衍のやり方が迂遠で、もし(諸侯が)その説を大いに用いたならば(牛刀割鶏になってしまう)ということ、これが「牛鼎」の意味である。

司馬貞のこの解釈は、全くの深読みであり、誤解です。たまたま「函牛之鼎」ということばを知っていたがために、それにこじつけてしまったのです。

なぜ、司馬貞はこの簡単な文章を読み取れなかったのでしょうか。不勉強だったのでしょうか。決してそうではないはずでしょう。彼は知識あふれる学者であり、そのせいでかえって『史記』の文脈を軽視してしまったが故に、この誤りを犯したのです。

広告

「司馬貞の蹉跌」への2件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                       2014年12月30日
    ◎「或曰」。
    「或曰」に就いて、「そういう説がある、と、司馬遷は言います」ということは、「或曰」は「然後引之大道」まで掛かり、「騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎?」は司馬遷の語ということになりますが、そうでしょうか。「或曰」は「儻亦有牛鼎之意乎?」まで掛かるかと思うのですが・・・。

    或曰,「伊尹負鼎而勉湯以王,百里奚飯牛車下而繆公用霸,作先合,然後引之大道」。騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎?
    或曰,「伊尹負鼎而勉湯以王,百里奚飯牛車下而繆公用霸,作先合,然後引之大道。騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎?」。

    藤田吉秋

  2. 藤田さま

    コメント下さいまして、まことにありがとうございます。

    「或曰」がどこまでかかるか、ということですが、私も全体にかかっていると考えました。「騶衍其言雖不軌,儻亦有牛鼎之意乎」も一説の引用です。

    おっしゃるとおり、第一文と第二文は続いています。記述の都合上、まず第一文だけを切りとり、その段落の末尾に「そういう説がある、と、司馬遷は言います」と加えたのですが、これはやはり私の書き方が悪かったようです。

    より適切な書き方があったはずですが、今回は修正せず、表現のまずい部分もあえてこのまま残そうと思います。

    ご指摘、ありがとうございました。よい年末年始をお過ごしください。

    学退敬上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中