さてこそ


前漢の劉安が人を集めて編纂させた『淮南子』(紀元前139年に成書)には、幾つかの邦訳がありますが、その中に、恩師、戸川芳郎先生が、木山英雄氏・沢谷昭次氏とともに訳されたものがあり、平凡社の「中国古典文学大系」に収められています(『淮南子・説苑(抄)』、平凡社、1974)。

この翻訳、文章が個性的で、読む楽しみがあります。虚詞の訳出に工夫があり、たとえば、「是故」を「さてこそ」と訳しています。

泰古二皇,得道之柄,立於中央。神與化遊,以撫四方。是故能天運地滯,轉輪而無廢,水流而不止,與萬物終始。(『淮南子』原道訓)

太古の二皇(伏羲・神農)は、道の急所を把(と)って中央に君臨し、精神を造化とともに游ばせつつ四方を安んじた。さてこそ、あたかも天と運(めぐ)り地と静まり、休みなく流転しつつ万物と消長をともにした。

この「さてこそ」という訳語、前文を受けて、強い語気でもって後文を導く接続の言葉であり、「このゆえに」や「だから」のように、純粋な論理関係を示すものではありません。

日本語の表現としては、古語としてはともかく、現代語であまり見かける表現ではありませんが、古漢語「是故」の一面をうまく伝える訳語だと思い、学生時代、膝を打ったものです。

最近、気晴らしに円城塔氏の小説『道化師の蝶』(講談社文庫、2015。単行本は、講談社、2012)を読んでいると、思いもかけず、その「さてこそ」に出会ったのです。

 「さてこそ以上、さてこそ。まさしくそう思ったとおりに。果たしてやはり。まさしくそう思ったとおりに以上。果たしてやはり以上。さてこそ、の響きがなければ、私はこう書いたりはしなかった。さてこそは何故ここにある。何故こんな機能をもった響きがある。そんな要素が何故許されて、わたしの邪魔をし思考を繋ぎ留め、考えてもいないことを書かせるのか」

これは、本書に登場する友幸友幸という人物の「日記帳の文章からの抜粋」として引用された一節。この部分以外にも、「さてこそ」が繰り返し文中に現れていたので、私は驚きました。それこそ、「さてこそは何故ここにある」と、こちらが言いたいくらいです。「さてこそ」と、こうして再会を果たしたのでした。

友幸友幸のテクストを発見して整理研究し、翻訳する話が、この『道化師の蝶』に見えるのですが、これは私のような文献学の徒には馴染みのある内容です。たとえば次の一節。

これから先も研究が進展するたびごとに新たな発見が行われ、また忘れ去られていくのだろう。友幸友幸の作品群とは、発見されることにより駆動を続ける性質を備えた巨大な装置なのではと考えたくなる。

まるで、中国出土文献の研究状況についての記述かと疑うほどです。

随所にさまざまな洞察も盛り込まれており、久しぶりに楽しい小説を読んだものだと満足しました。

楚越の地


先日のブログ記事にて、『漢書』卷二十八下、地理志下の記述を引用しました。

有江漢川澤山林之饒;江南地廣或火耕水耨。民食魚稻,以漁獵山伐為業,蠃蛤,食物常足。故啙窳媮生,而亡積聚,飲食還給,不憂凍餓亦亡千金之家。(中華書局、p.1665)

後で気がついたのですが、この『漢書』の記述、『史記』卷一百二十九、貨殖列傳を踏まえたものでした。

越之地,地廣人希,飯或火耕水耨蠃蛤,不待賈而足,地埶饒食,無飢饉之患,以故呰窳偷生無積聚而多貧。是故江、淮以南,無凍餓之人,亦無千金之家。(中華書局、p. 3270)

司馬遷はこのように「楚越之地」の様子を描写した後、さらに続けて、「沂、泗水以北」などの北方中国を次のように対照させています。

沂、泗水以北,宜五穀桑麻六畜,地小人眾,數被水旱之害,民好畜藏,故秦、夏、梁、魯好農而重民。三河、宛、陳亦然,加以商賈。齊、趙設智巧,仰機利。燕、代田畜而事蠶。

最近、日比野丈夫「史記貨殖列傳と漢代の地理區」(『東方學報』京都、第41冊、1970年)を読んでいて『史記』の記述に気がついた次第です。いささか迂闊でした。司馬遷の南方観について、日比野氏は次のように評しています。

司馬遷は南方をおしなべて未開發な後進地域と受取り、文化の存在を認めなかった。ただ北方にない物資の産地、あるいは通過地として扱うだけで、植民地的な價値さえも無視していたといってよい。(p.155)

確かにそうかもしれません。しかし司馬遷のこの記述、『漢書』地理志はもちろん、なんと『隋書』地理志にまでほとんどそのまま踏襲されているのです。南方に対する無理解と偏見は、ひとり司馬遷だけの問題でないと思われます。

しかしそれは、司馬遷の地理観の重要性を損なうものではなく、貨殖列伝に見える忌憚ない地方への司馬遷の評価は、きわめて重い歴史の証言といえましょう。