『環境から解く古代中国』


原宗子氏の『環境から解く古代中国』(大修館書店、2009年、 あじあブックス 65)を読みました。まずは、目次をご覧ください。

  1. 「象」という字は、なぜできた?-殷周期の気候変動
  2. 「七月」が詠う冬支度-西周期の黄土高原
  3. 孔子の愛弟子・子路のバンカラの秘密-春秋~漢の毛皮観
  4. 「株を守る」のウラ事情-戦国期中原の開発と鉄器
  5. ホントは怖い(?)「一村一品」政策-春秋~漢代の斉の特殊性
  6. 合従連衡は、異文化同盟?-戦国秦漢期、北方・燕の環境
  7. スパイ鄭国の運命-秦の中国統一と大規模灌漑
  8. 司馬相如のカノジョはイモ娘?-秦漢期・四川に生きる心意気
  9. 「公共事業」は昔も今も……-漢・武帝期の大規模灌漑と後遺症
  10. “帰順”匈奴のベンチャービジネス-漢代の「ペットボトル」と大狩猟イベント
  11. 海と女と酒と「叛乱」-王莽・新の税制と環境
  12. 戦国男の夢実現(?!)-漢代シルクロードを支えた「内助の功」
  13. 曹操も手こずった黄河の凍結-魏晋南北朝の気温変化と戦法
  14. 均田制、もう一つの貌-五胡から唐宋期の樹木観
  15. 「貧困の黄土高原」はなぜできた-明清・中華帝国の光と影

目次を見ただけでも、実に面白そうではありませんか?読んでみると、文章もよくこなれており、読者が楽しく読めるような工夫が施された一冊でした。

このところ、授業では学生諸君とともに『孟子』を読んでおり、古代にもあらためて関心が向いているのですが、ただ古典を淡々と読むだけでなく、先秦時代の人々が、人類の一員として、どのような環境のなかで何を考えながら暮らしたのだろうか、と、彼らの生活に思いを馳せるようになりました。

そのためには、古典漢語に関する知識や書物についての理解が必要なことはもちろんですが、それだけでなく、人類学・考古学の知見をある程度まで理解し、人々が気候変動や自然環境の変化に対処しつつ、食料獲得の習慣をどのように変え、そうした環境に応じて生活したことこそが、中国思想が生まれて育まれた条件となっている以上、中国の環境史に対して理解を深めることが、自分が古書を読む際に欠かせないのではないか、と考えるようになりました。

環境について学ぶ目的は、もちろん現在、人類が直面している環境問題の深刻さを一方では意識したものではあるのですが、他方、中国の歴史、それ自体を知るためにも、自分自身、これまであまりにこの方面について無頓着であったのではないか、といった反省を背景としてもいます。

本書、『環境から解く古代中国』は、主に殷代から漢代までの環境史を対象としており、日本人にも比較的よく知られたエピソードを取り上げて、中国の地に生きた人々の生活と環境、そして思想を語っています。

本書から一例を挙げるなら、『韓非子』に見える「守株」のエピソードは、殷が滅びた後に建国された宋の地では、新たに森林を伐採して農地としたのではないか、そうであるからこそ、はたけに切り株が残されており、しかも森林を住処とするウサギが近くに棲んでいたのだ、と原氏は推測しています。たいへんに刺激的な考察です。

こうして、環境というものを念頭において古書を読み直すと、確かに、古書はこれまでとかなり異なった面貌をもって我々の前に現れてくるように思うのです。肩のこらない書物ですから、中国史を専門としない方にも勧められそうです。

広告

「『環境から解く古代中国』」への3件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                       2015年8月24日
    ◎「このところ、授業では学生諸君とともに『孟子』を」。
    小生の大学入学の年1978、宇野精一先生の『孟子』集英社・全釈漢文大系・第一回配本が出版され、最初に独学で読んだのが吉川幸次郎先生の『論語』とこの『孟子』とでした。古勝先生から『孟子』を教わる学生は恵まれていると思います。古注か新注か、はたまた焦循の正義に拠られるのでしょうか。講読の成果の一斑でもお示し下さい。
    さて、釈尊に説法とは存じますが、孫奭の正義は怪しいそうですね。

    井澤耕一「孫奭『孟子正義』の成立に関する一考察」
    http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/1136/1/KU-1100CB-20090319-04.pdf
    關西大學中國文學會紀要 30, 73-94, 2009-03-19

    それから、余嘉錫氏の『四庫提要辨證』『孟子正義十四卷』の最後の所に、「其他疏中淺陋之處、尚有指摘未盡者、余別有『孟子正義考』一篇、縷析言之、不具載」と記されています。私の見方が悪いのか、「余嘉錫先生 著述書目録」、「余嘉錫先生 論文・序跋目録」に『孟子正義考』が見当たりません。この著述は果たしていずこにあるものでしょうか。
    また、いっそうの余談ですが、国木田独歩氏の「初恋」も孟子に触れた好短編であると存じます。

    http://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/42205_34796.html

    藤田吉秋

    1. 藤田様

      長らく記事を書いておらず、ご無沙汰してしまい、恥ずかしく存じております。また早速にコメント下さいまして、ありがとうございます。

      私の授業は、昨年度から始めたもので、主に一回生向けの講読です。文学部に進学を希望する人ばかりでなく、いろいろな学部の学生が聴講しており、私も楽しんでおります。専門的な授業ではないので、特にどの注釈を基準に読んでいるというわけでもなく、私が焦循や宇野氏のものを斟酌して分かりやすい注をつけたプリントを配布し、学生諸君はそれをあらかじめ読んだ上で授業に参加する、という形式です。

      『孟子』の文章は、対話形式のやりとりに妙味があると考えており、授業では、その問答の意図をくみ取ることを中心に解説しております。学生諸君もこちらが驚くほど積極的で、主体的に「読み」を示してくれるので、大変に刺激的です。何か興味深いことがあれば、こちらでご報告いたします。

      さて、余嘉錫の「孟子正義考」、私も気にはなっておりましたが、発表されたという事実は確認できていません。おそらく、原稿を用意したまま、未発表になってしまったものではないかと愚考しております。

      今後とも、よろしくお願いいたします。

      学退覆

  2. 古勝 隆一先生
                       2015年8月24日
    訂正。
    すみません。呆けてました。
    「1973、宇野精一先生の『孟子』集英社・全釈漢文大系・第一回配本」でした。
    藤田吉秋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中