龍宇純「論声訓」


龍宇純氏(1928-)「論聲訓」(『清華學報』新9卷、第1、2期、1971年)を読みました。

声訓は、訓詁の方法の一。訓詁というのは、語義を解釈する行為で、中国では遅くとも春秋時代にさかのぼります(「訓詁学」について書いた過去記事はこちらから)。

その訓詁には、形訓(漢字の字形に基づく訓詁)・義訓(字義に基づく訓詁)・声訓(字音に基づく訓詁)という三種の方法があるとされ、声訓はその一角を占めています。

魯の季康子が孔子に政とは何か、と問うた時、孔子は「なる者は、なり」と答えた、とか(『論語』顏淵篇)。「政」と「正」とは漢語の字音が同一ですから、その事実を根拠として「政」の語義を説明したもので、これなどは声訓の古い例の一つです。

漢語の声訓を、日本語の一例でなぞらえるなら、「鰺はどうして鰺というのか?」「味がよいからアジという」、といったところでしょうか。

声訓は『説文解字』『広雅』『釈名』などの古い字書に多数見えているのですが、如何せん、現代人の目から見れば、うそかまことか判断がつきづらく、なかなか学術的なとりあつかいに躊躇するところがあります。そこで龍氏の論文を読んでみた次第。

この論文は、以下の8節からなっています。

  1. 甲、聲訓之實質
  2. 乙、聲訓義訓明辨
  3. 丙、誤聲訓為義訓舉例
  4. 丁、誤聲訓為義訓蓋始於《廣雅》說
  5. 戊、誤聲訓為義訓探原
  6. 己、聲訓法之施用範圍
  7. 庚、古人聲訓多不足信說
  8. 辛、聲訓三條件

わたくしが最も啓発を受けたのは、第1節と第2節で、それによると、声訓が用いられるのは、ある語がそのように名づけられた由来や起源を答えようとする意識を有する場合である、とのこと。たとえば、なぜ「政」という言葉があるのかというと、それが「正」に由来するから、という具合に。

すると、声訓とは、単に音を利用した訓詁というだけでないわけです。ものの命名の由来を、同音(もしくは近似音)の語を用いて説明する訓詁である、と。なるほど、と、膝を打ちました。

義訓などは、由来を説明しないが、声訓は由来を説くはたらきがある、というわけ。

声訓が語源の由来を探る点において、声訓と義訓とはまったく異なる、というのが龍氏の強調する点で、紙幅のほとんどがその説明に割かれていますが、そこまではっきりと分かれるのか、あるいは分ける必要があるのか、まだわたくしは十分には納得していません。

また龍氏は、古代の小学書に載っている声訓は、大いに重んじられているのだが、誤った訓も多い、とみなし、大いに古訓を否定するのですが(第9節「古人聲訓多不足信說」)、わたくしの見るところ、近現代の大部分の学者は声訓を荒唐無稽と位置づけているはずで、むしろ、(現代人に見捨てられつつある)多くの声訓の中から、有意義な手がかりを見出すことに注力すべきではないか、と思うのです。

声訓とは何か、あらためて考えさせてくれる論文でした。台湾の国立清華大学のウェブサイトから、pdfファイルを取得することができます。

【余談】

龍氏ももちろん、『論語』顏淵篇の「政者、正也」を引いていますが、魯の哀公と孔子との問答、としています(p.86)。確かに類話をそのように伝える本もあるのですが、ここはちょっとした勘違いでしょう。

広告

「龍宇純「論声訓」」への4件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                       2015年9月5日
    ◎「声訓が用いられるのは、ある語がそのように名づけられた由来や起源を答えようとする意識を有する場合である」・「声訓は由来を説くはたらきがある」・「声訓とは、単に音を利用した訓詁というだけでない」・「ものの命名の由来を、同音(もしくは近似音)の語を用いて説明する訓詁である」。
    先生のこれらのご議論は、龍氏の「莫非推求事物得名之源」を展開されたものでしょうか?私はかつて佐藤進先生の「釋名声訓考」(東京都立大学人文学報No.112・1976、3)という論文の中の「声訓とは、いま王力氏によれば、『用語音相同或相近的詞来説明詞的真正意義。』と定義されている」という説明を読み、声訓とはそういうものと心得ておりました。「得名之源」と云い、「真正意義」と云うも所詮は漢字の語源を探るものに他なりませんから、龍氏の説は「膝を打」つ程の事ではないようにも思えますが・・・。

    ◎「近現代の大部分の学者は声訓を荒唐無稽と位置づけている」。
    段玉裁の「『天』顚也。此以同部疊韵爲訓也。凡門聞也,戸護也,尾微也,髮拔也皆此例」・「『馬』怒也。武也。以疊韵爲訓。亦門聞也,戸護也之例也」と言う時、段氏に「声訓を荒唐無稽と位置づけ」る意識は有ったでしょうか?また、段氏の「以疊韵爲訓」は今日謂う所の「声訓」と同じと考えて良いのでしょうか?

    ◎「(現代人に見捨てられつつある)多くの声訓の中から、有意義な手がかりを見出すことに注力すべきではないか」。
    段注に「『儒』柔也。以疊韵爲訓。鄭目錄云。儒行者,以其記有道德所行。儒之言優也,柔也。能安人。能服人。又儒者,濡也。以先王之道能濡其身」と有りました。これなど「見捨てられつつある」どころか、「儒」の説明として生き続けているように思います。
    藤田吉秋

  2. 藤田様

    ご批正下さいまして、まことにありがとうございます。お返事が遅れましたこと、おわびもうしあげます。

    さて、『釈名』の序に「百姓日稱而不知其所以之意」(『王力文集』巻12、p.64では「百姓旧称」と誤っています)とすでにありますので、声訓とは、同音または近似音を有する別の語を用いて「語源」を指摘するものである、という認識は常識に属するものであるのかも知れません。その意味では、龍氏も王氏も似ていること、ご指摘の通りです。

    ただ私は、龍氏の方が、王氏よりもさらに徹底して、声訓と語源の関係を追究しているように感じたので、「膝を打」ったのかもしれません。たとえば、龍氏は「蒙,蒙也」「易,易也」などの同字を用いた声訓を例として取り上げていますが、これなどは、王氏などは論じておらず、また龍氏は『爾雅』の「甲,狎也」「履,禮也」などを声訓とは認めない(p.89)、等の点において、語源へのこだわりを、私は感じました。それまで私は、「声訓は語源の説明が基本だが、あまり語源と関わりのないものもあるのかな」程度の認識でしたので。

    段玉裁については、佐藤先生の論文に引用のあった王力『中国語言学史』第1章第5節「声訓」の注に以下のようにありました。
    在中国,直到段玉裁和朱骏声,有时候也还接受声训的坏影响。例如段玉裁于解说[蕅(藕)]字时说:[凡花实之茎必偕叶一茎同出,似有耦然。]这是主观地以耦训藕。(『王力文集』巻12、p.69、注3)

    このあたりを見ると、王力は、声訓をめぐっても、段玉裁を相対的に低く、王念孫を相対的に高く評価しているようです。

    「儒」の声訓のご指摘もありがとうございます。確かにおっしゃる通りで、少なくない声訓が今なお影響力を持っています。この部分、別に思うところがあって書いたので、不自然な書き方になっているかもしれません。失礼いたしました。「現代人にとって荒唐無稽に思えることも、昔の人はそれと少し違う受け取り方をしていたのではないか」という意味でご理解いただければ幸いです。失礼の段、重ねておわびいたします。

    学退覆

  3. 古勝 隆一先生
                           2015年9月11日
    龍宇純氏の「論声訓」は『絲竹軒小学論集』(中華書局・2009年2月)という論文集に入っているようです。
    三省堂『漢辞海』では、『釈名』「俗、欲也。俗、人所欲也」の訓みを「『俗』は『欲』である。俗人が欲するものである」としていました。「俗は欲なり。俗は、人の欲する所なり」では、と思うのですが、今さら監修された戸川先生にお尋ねするわけにも行きません。この「俗、欲也。俗、人所欲也」などは、我々にとって「荒唐無稽」に思えることを、以下の注釈を読むと、昔の人は全く違う受け取り方をしていた例のようにも思われます。

    ◎王先謙『釈名疏証補』釈言語第12
    【俗、欲也。俗、人所欲也】。
    王啓原曰、『孝經』、「移風易俗」。正義引韋昭云、「隨其趨舍之情欲、故謂之俗」。『後漢書』班彪傳注、「隨君上之情欲、謂之俗」。
    ◎『禮記』樂記・正義
    「其移風易俗」者、「風」、謂水土之風氣、謂舒疾剛柔。「俗」、謂君上之情欲、謂好惡趣捨。用樂化之、故使惡風移改、弊俗變易。
    ◎段玉裁『説文解字注』第8篇上・「人」部「俗」字
    【俗、習也】。
    以雙聲爲訓。習者、數飛也。引伸之凡相效謂之習。
    『周禮』大宰、「禮俗以馭其民」。注云、「禮俗,昏姻喪紀。舊所行也」。大司徒、「以俗敎安」。注、「俗謂土地所生習也」。曲禮、「入國而問俗」。注、「俗謂常所行與所惡也」。
    『漢』地理志曰、「凡民函五常之性。其剛柔緩急、音聲不同。繫水土之風氣。故謂之風。好惡取舍、動靜無常。隨君上之情欲。謂之俗」。
    【从人。谷聲】。
    似足切。三部。
    藤田吉秋

    1. 藤田様

      引き続きご教示、ありがとうございます。この「俗」の例は、たいへんに面白いものですね。まさしくわたくしが考えていたことです。あらためて『釈名』を読んでみたいと思います。

      学退覆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中