中華書局『史記』修訂本


二十四史の点校本の刊行は、解放後の中国において重要な意味を持ったもので、1959年9月に顧頡剛(1893-1980)が標点した『史記』が世に問われて以来、続々と整理出版されました。その後、50年以上にわたって広く読まれ、台湾の中央研究院が公開している「漢籍電子文獻」の底本ともなり、学術的にも利用されてきました。

このように歴史的に重要な役割を果たしてきたとはいえ、しかし、この『史記』点校本には校勘記がなく、また通行の金陵書局本をそのまま底本としており、本格的な学術利用に耐えるとは必ずしも言えないものでした。

このような状況の中で、複数の信頼できる伝本を利用した新しい点校本の出版は、待望されていたものと言えましょう。数年前からその噂を耳にするようになり、2013年、とうとう『史記』修訂本が出版されました。

『史記』
(漢) 司馬遷撰 ; (宋) 裴駰集解 ; (唐) 司馬貞索隱 ; (唐) 張守節正義
中華書局 2013年
點校本二十四史修訂本

私も喜び勇んですぐに一套を購入し、数巻分ほど旧版と新版を対照してみたりしておりました。校勘記も充実しており、期待を裏切らないものでした。

shiji
『史記』修訂本

この新たな『史記』点校本は、南京師範大学の趙生群教授を修訂の責任者とし、同校の方向東教授などが協力して作られたもの、とのこと(本書の「史記整理人員名録」)。先月、方教授と趙教授が学会のために京都にいらしたおり、わざわざ私のもとに一套お持ち下さいました。感謝に堪えません。

新しい点校本が出る、という噂が広まった頃、「あまり大きな変更はないのでは?」という予測もありましたが、出版後に見比べてみると、底本の変更こそなかったものの、本文や句読については少なからぬ修正が加えられるように見えます。特に、注(いわゆる「三家注」)の部分にはすこぶる違いがありますし、詳しい校勘記がついたのはやはり大きな進歩です。

高山寺本などの古鈔本を用いたのも今回の修訂本の特徴ですが、ざっと見たところ、全面的に校勘記に取り入れられているわけではなく、もう少し慎重に見る必要がありそうです(修訂本が出たからと言って、他の伝本を見ずにすますわけにはゆかない、という意味です)。

頂戴した以上は、誠実に読まざるを得ません。いずれ、気づいたことはこのブログにも書くつもりですので、お待ちください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中