「上」とは誰なのか?


『漢書』藝文志の「詩賦略」に、『上所自造賦』二篇と称する書物を載せますが、同書について唐の顔師古は「武帝所作」と言っています。「上」とは君主をいう語ですが、ここでは漢の武帝を指しており、同書は武帝が作った賦である、というわけです。

この「上」について、章学誠『校讐通義』漢志詩賦(十五之五)は、おおむね、次のようなことを言います。

『漢書』藝文志のもとになる目録を作った劉向(前77-6)は、成帝(在位、前33-7)の頃の人であって、武帝時代(在位、前141-87)の人ではない。『上所自造賦』は武帝の著作なのだから「孝武皇帝」と諡で記せば後世の人にも分かりやすい。ここで劉向が「上所自造」などというのは、いかにもまぎらわしい。そもそも臣下たちが自分の時代の君主を「上」と呼ぶのだ。それ以外にも、記事などを書いて、「某宗」「某帝」などと記したうえで、それに続く文に「上」と書くのはかまわぬが。この「上所自造」について言えば、武帝当時の人が「上」と書いたのを、劉向がそのまま従って採用したものではないか。そういうわけで読者には、「劉向の時代の「上」なのだから、成帝が作った賦なのだろうか」と疑いが生じる。班固が劉向の記述にそのまま従ったものだから、「班固の時代の「上」なのだから、後漢の肅宗の賦なのだろうか」という疑いも生じかねない。顔師古が言ってくれたおかげで、武帝の作だと分かりはするが、と。

章学誠の説は面白く、しかも正しいと思うのですが、ただ、「漢代の人は、本当に今上皇帝だけを「上」と読んだのだろうか?」という疑問が生じました。自分の時代以前の皇帝を「上」と呼ぶことはなかったのか、と。

すぐに思い出すのは許慎『説文解字』です。一篇上「示」部の「祜」を説いて「上諱」と言っています。この字は後漢の第六代皇帝である安帝恭宗の名なので、避諱してあるのです。段玉裁によれば、『説文解字』で「上諱」と記される字はあわせて五字、すなわち「祜」のほかには、「秀」(第一代皇帝、世祖光武帝の名)、「莊」(第二代皇帝、明帝顕宗の名)、「」(第三代皇帝、章帝肅宗の名)、「肈」(第四代皇帝、和帝穆宗の名)です。

『説文解字』が成書したのは、和帝時代の永元十二年(100)とのこと。「上」と言えば和帝を指しそうなものですが、それだけでなく第一代の光武帝の名から第六代の安帝の名まで、すべて「上諱」と記されているのです(第五代の殤帝の名である「隆」は避けません。安帝の名を避けるのは、その頃に献上されたため)。

なぜ「上」という言葉が、今上皇帝以外にも用いられたのか。これに関してはいろいろと説を立てることができましょう。が、少なくとも後漢時代に「上諱」と言えば、必ずしも今上皇帝の名を指すものでなかったこと、これは動かぬ事実です。

話を『漢書』藝文志の『上所自造賦』二篇にもどしますと、この書に「上」の字が用いられているのは、武帝の時代の人が記録した書名をそのまま劉向が用い、それを班固が踏襲したものであろうこと、これは章学誠のいう通りであると思います。

「上」とは誰なのか? の続きを読む

広告

『中国文明 農業と礼制の考古学』


岡村秀典氏『中国文明 農業と礼制の考古学』(京都大学学術出版会、2008年、学術選書36、諸文明の起源6)を読みました。

中国の地における新石器時代から殷周時代までを射程に収め、きわめて複雑に展開した多様な諸「文化」が、如何にしてからまりあって影響しあい、後世に見られるような中国文明にまとまったのか、その諸相を明らかにしています。

  • 第1章 中国文明とは何か (1)四〇〇〇年におよぶ中国文明/(2)中国文明の空間動態
  • 第2章 文明の胎動ー紀元前三千年紀の龍山時代 (1) 農耕社会の成立/(2)複雑化する社会/(3)地域間交流の拡大
  • 第3章 文明の誕生ー紀元前二千年紀前半の二里頭文化 (1)王朝の成立/(2)中国的世界の形成
  • 第4章 初期国家の成立ー紀元前二千年紀後半の殷周時代 (1)農業生産の発展/(2)複雑化する王都の構造/(3)地方支配の構造/(4)王統と王陵の成立
  • 第5章 文明・王朝・国家の形成 (1)都市と農村の分化/(2)祭儀国家の成立

中国考古学に関する書物は少なくありませんが、「農業」と「礼制」とを中心に据えて考古学を解く書物は珍しいといえましょう。

本書を手にした読者はそこに戸惑うかもしれません。しかし、著者が奇を衒ったわけでまったくないことは、読んでみれば分かるはずです。

少し考えてみると、農林水産業や畜産は人間が生存する基盤を作るもの、そして礼の制度は現在に至る中国文明の核心をなすもの。周代から遡って歴史を考えるには、不可欠の要素と言えましょう。

SinsekkiInShu
(本書「はじめに」xiiiより)

前三千年紀には、すでに長江中流域・下流域、黄河中流域・下流域の諸文化が相互に影響を与えあっていたこと。「琮」という玉器があり、『周礼』にも見えますが、これが、長江下流域の良渚文化に由来すること。羊は西域から中国の北西部に伝わって、その肩甲骨を焼く占いが元となり、後世の牛の肩甲骨や亀の腹甲を焼く甲骨占に発展していったこと。河南省偃師市に栄えた二里頭文化を夏王朝と見なしうること、そしてその文化が周辺の他文化に大きな影響を与えるようになったこと、などなど。

そのようなさまざまな事実が明らかにされた上で、これら事実に基づき、中国に発達した古代の諸文化が、相互にどのような影響を与えながら展開を遂げ、殷周代へと結実して行ったのかが解き明かされています。

「考古学」対「歴史学」。「黄河文明」対「長江文明」、あるいは「北」対「南」。「殷」対「周」。このような対立軸が、先行研究においてしばしば語られてきました。しかし、そのような対立を過度に強調することは、図式的な単純化を生むに違いありません。岡村氏はこれらすべてに抗いつつ、古代史を見晴らす視野を与えています。

わたくしは古代史について乏しい知識しか持ちませんので、専門的なコメントはできませんが、本書には大きな感銘を受けました。

巻末に付けられた「文献案内」も充実しており、若い考古学徒に向けて作られたものとみえます。次世代の研究者の道標となるに違いありません。

http://amzn.to/2hGwPFi

『中国文明 農業と礼制の考古学』 の続きを読む