「隆」を避けないこと


『説文解字』では、後漢時代の皇帝、五人について、その名を書中に載せず、「上諱」と記します。

  • 「秀」(第一代皇帝、世祖光武帝の名)
  • 「莊」(第二代皇帝、明帝顕宗の名)
  • 「炟」(第三代皇帝、章帝肅宗の名)
  • 「肈」(第四代皇帝、和帝穆宗の名)
  • 「祜」(第六代皇帝、安帝恭宗の名)

その一方で、第五代皇帝、殤帝の名である「隆」の字を避けていません。これについて、段玉裁は次のように言います。

隆者,漢殤帝之名。不云「上諱」,而直書其字者,『五經異義』云:「漢幼小諸帝,皆不廟祭而祭於陵」。旣不廟祭,似可不諱。然『漢志』河內郡隆慮,應劭曰:「隆慮山在北。避殤帝名,改曰林慮也」。又『郡國志』:「林慮,故隆慮。殤帝改」。漢制,生而諱,故孝宣更名。此葢殤帝在位時所改。而書成於和帝永元十二年以前,未及諱。至安帝建光元年,許沖上書時不追改,故不云「上諱」。(『説文解字注』第六篇下、「生」部「隆」。経韵楼本、第六下、第四葉左。鳳凰出版社本、p.483。「永元十二年以前」の句読を含め、藤田吉秋氏のご教示による)

つまり『五経異義』にあるように、漢代では夭逝した皇帝は宗廟にまつられない。だから崩御した後は、諱も避けられなかったようだ、と段玉裁は言います。殤帝も幼少で崩御したので、その例に当たるというわけです。その上で、隆慮という地名が殤帝の名を避けて林慮と改められたことを指摘しています。

わたくしは、段玉裁が示唆したように、後漢時代においては、宗廟の制度と皇帝の諱の避諱とは連動していたと考えています。つまり、今上皇帝と洛陽の宗廟にまつられた皇帝とについては避諱する必要があったが、それ以外の歴代の皇帝(廟祀されていない諸帝)については避諱しなかったと考えます(これについては、より詳しい考察が必要ですし、すでにどなたか考証していらっしゃるかも知れませんが、今はこれ以上、論じません)。

『続漢書』祭祀志下に宗廟の制度を載せ、次の文章があります。

殤帝生三百餘日而崩, 鄧太后攝政,以尚嬰孩,故不列于廟,就陵寢祭之而已。(中華書局本、p.3197)

殤帝についての避諱が『説文解字』においてなされていないことは、偶然でも伝写の誤りでもなく、許慎がそのように書いたとおりに伝わっている、と考えています。

これについては『説文解字』の執筆時期と完成時期とが何時であったのか、という問題も関連しますが、今のところ、考えがまとまらず、書くことができずにおります。

広告