天明年間の京都


久しぶりに街に出て古書店をのぞいてみたところ、木版画が目にとまりました。gion1

天明六年(1786)版の『都名所図会』という本から切り離したもののよう。三十枚ほどのうちから、さっそく数枚を選び取り、購入しました。

gionまず第一枚は「祇園會(ぎをんゑ)」。

京都の夏の風物詩である祇園祭の様子を描写したもので、其角の句、「鉾に乗る人のきほひも都哉」が添えられています。

山鉾は、「長刀鉾」のようです。祇園祭山鉾連合会のウェブサイトに詳しい説明があります。

前懸はペルシャ花文様絨毯、ペルシャ絹絨毯(古)、胴懸には中国玉取獅子図絨毯、十華図絨毯、梅樹図絨毯、中東連花葉文様インド絨毯など16世紀~18世紀の稀少な絨毯が用いられていたが、現在はその復元品を使用。

そう言われて版画を眺めてみると、前懸・胴懸とも、確かに立派なものに見えますね。

hyakuman次に第二枚は「長德山知恩寺(ちやうとくさんちをんじ)百萬遍(ひやくまんべん)」。

わたくしの勤務する京都大学の対面に位置する浄土宗の古刹です。

現在では毎年、「秋の古本まつり」が開催されるのは、このお寺の境内です。版画の右端には「北白川通」の表記も見えます。

daigo最後の第三枚は、「上醍醐(かみのだいご)」。

わたくしは醍醐寺(下醍醐)が好きで、このお寺の近隣に住まいしているので、とりわけ親しみがあります。上醍醐には、下醍醐からは山道をたどりつつ小一時間で到着することができますので、子どもを連れて年に数回は登っています。この辺りは変化が少ないので、たいへんに馴染み深い景色です。

なお、平成二十年八月二十四日未明、上醍醐准胝観音堂が落雷により全焼するという、痛ましい出来事がありました。就寝中でしたが、ものすごい音がして目を覚ましたことが、今でも忘れられません。この版画を見ると、その場所は「観音堂地」と書かれているようで、当時も現状と同様、伽藍はなかった模様ですが、醍醐に住む者としては、一日も早い准胝観音堂の再建を願っております。

さて、かくして三枚の版画を購入したわけですが、店主と少し言葉をかわしたところ、「端本で入ってきた『都名所図会』をこうして切り離して売っているんです。揃いのものは本として売ります」とのこと。日頃から典籍に触れている者として、切り離すことにやや抵抗があるのですが、きちんとした考えをお持ちであることを知り、清々しい思いで買うことができました。

なお、この天明六年版の『都名所図会』、国会図書館のウェブサイトから閲覧することができます。デジタルはデジタルとして、本物の木版を飾って眺めることができるのは、ささやかな幸せです。

 

広告

「天明年間の京都」への2件のフィードバック

  1. 京都の知恩寺の版画、大変興味があります。私の出た学校は知恩寺系の増上寺の寺子屋だったのが今の私立の男子校になった所です。
    当時の江戸は今の面積の半分くらいまで海水が入ってきておりましたが、幸い増上寺は愛宕山からの丘の続きの陸地でした。
    (この地続きは白金台まで続いてます)
    しかし京都は全てが山の麓にある盆地、どの様になっていたかは想像がつきます。知恩寺もそんな麓の所に建つ由緒ある寺だったと思ます。

    因みに渋谷は元々は塩谷と言うのが本名で呼ばれたそうです。
    青山と世田谷地区との谷間に位置していた場所。

  2. ご覧下さいまして、ありがとうございます。なかなか素敵な地図だと思い、写真を載せました。

    知恩院の方は東山の山麓という感じですが、同じ東大路通り沿いでも、知恩寺の方は、少し離れて東山を見上げるような感覚でおります。知恩寺は古い由緒を持ちますが、いまの百万遍の地に移されたのは江戸時代で、竣工は延宝七年(1679)との由です。
    http://jodo.jp/290004/03/

    京都にあるお寺の位置は、現在とあまり変わりませんので、京都旅行の際に古地図を片手に、というのも風情があるかもしれません。どなたか専門家がこの『都名所図会』に詳しい解説をつけてくれるとよいのですが。

    学退覆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中