呉人たちのソウルフード


昨年12月に南京を訪問したおり、南京大学歴史系の張学鋒教授にご当地の考古を説明していただいたことは、南朝文化に関心を寄せるわたくしにとっては、たいへんよい経験となりました。南朝文化は、まさに建康、すなわち現在の南京に花開いたものであり、その南京の歴史的変遷に最もお詳しい張先生に案内していただいたのですから。

張先生は、京都大学大学院文学研究科の博士課程を修了された京都大学の博士でいらっしゃいますから、以前にもお目にかかっていたのですが、今回、こうして親しく案内していただき、教えを受けることができたのは幸いでした。さらに最近、ご著書『漢唐考古與歴史研究』を送っていただきました。

《汉唐考古与历史研究》
张学锋著
生活・讀書・新知三联书店,2013年1月,北京第1版,南京大学史学丛书

25篇ほど収録された論文のうち、数篇を読ませていただきました。博士論文『魏晋租調制研究』の内容を含む、重厚な研究です。この研究書の紹介は他の機会に譲りますが、その第一篇「菰菜、莼羹、鲈鱼膾与吴人的乡思」が深く印象にのこりましたので少しメモしておきます。

呉が晋に併呑されたのは280年のこと。その後、呉人の張翰は晋の洛陽に出向いて斉王、司馬冏に仕えていたのですが、秋風が立つ頃、「菰菜、蓴羹、鱸魚膾」といった江南の味を思い出し、北地を去って故郷に戻って行った。そういう話が『晋書』巻92、文苑伝に伝えられています。

翰因見秋風起,乃思吳中菰菜、蓴羹、鱸魚膾,曰:「人生貴得適志,何能羈宦數千里以要名爵乎!」遂命駕而歸。

「菰菜」は、マコモダケ。「菰」、すなわちマコモは『礼記』にも見える古代人の食した穀物ですが、江南地域では栽培もしていたらしい、と本論文に見えます。張翰のいう「菰菜」は、中文でいう「菰黑粉菌」(Ustilago esculenta)なる菌が、マコモの新芽に寄生して肥大化した、いわゆるマコモダケ。天ぷらや炒め物として食する、秋の味覚です。これが呉人のソウルフードの第一。

「蓴羹(蒓羹)」は、ジュンサイのスープであり、かの陸機も「千里蒓羹」を懐かしんだそうで(『晋書』陸機伝)、特に千里湖(江蘇省溧陽にあった湖)のものが有名であった、とのこと。ジュンサイの汁といえば、日本人にもなじみのある味ですが、鰹出汁ではなく雷魚(カムルチー)のスープで食するのが呉の食し方。本論文によると、今でもこの地方の名菜であるそうです。これが第二。

「鱸魚膾」とは、スズキの細作りかと思いきや、この「鱸魚」は張氏によると、スズキ(スズキ目スズキ科)とは別種の「塘鱧魚」(Eleotridae)とのこと、すると和名はカワアナゴ(スズキ目カワアナゴ科)に当たります。写真を見るとハゼに似て扁平で、20-25cmほどとスズキよりも小型です。この魚、中国では宋代以降、生食しなくなったと、この論文に書いてあります。これが第三の味です。

なお川那部浩哉氏によると、この「鱸魚」は「カジカの仲間のヤマノカミなのだ。この種は日本列島では、有明海とその支湾の諫早湾に注ぐ川にだけ分布し、春に川に溯り、秋に海に下って産卵する」(『魚々食紀』平凡社、2000年、平凡社新書、p.27)とのこと。カワアナゴかヤマノカミ(スズキ目カジカ科)か、さてどちらが正解なのか、ただちには答えが出ませんが、じっくり考えてみます。

これらの食はただ単に江南の郷土料理であるというにとどまらず、南人が北人に対して抱く複雑な感情とともに語られているのだと、張氏はいいます。ちょうど、張翰が北地にあって秋風に感じ思い出したのが、まさにこれらの食事であったように。江南の人の抱いていた細やかな感情が、丁寧に読み取られています。

本書「後記」では、この論文は若い頃の習作にすぎない、と謙遜なさっていますが、わたくしはたいへん楽しく読ませてもらいました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中