『辞源』第3版、出ました!


ciyuan待っておりました!待ちに待った『辞源』第3版が昨年10月に出版され、ようやく入手することができました。

辭源
何九盈, 王寧, 董琨主編 ; 商務印書館編輯部編,商務印書館, 2015.10
第3版

過去にこのブログでも何度か書いたとおり、わたくしは『辞源』修訂版(すなわち第2版)の愛用者です。第2版が出たのは1979年のこと。それから36年後、こうして第3版が刊行されたことは、実に喜ばしいことなのです。

第2版と第3版との比較については、しばらく利用してみてからご報告することになりそうですが、音に関する改善があったのは、確かなようです。中古音の反切と現代音との対比が、第2版では不明瞭なところがありました。

たとえば第2版では、「易」字の場合、yìという現代音に対し、まず「羊益切,入,昔韻,喻」という中古音を示し、その下に幾つかの義項を並べ、さらに「以豉切,取寘韻,喻」という中古音を示し、その下にまた幾つかの義項を並べています。字義の解説のあと、「易」から始まる熟語を列挙しますが、それが入声音なのか去声音なのか、区別がなされていません。

中古音が異なっても現代音では合流している場合には区別しない、という方針だったわけですが、これは不適切な処置といえましょう。第3版では、この問題点が解消され、中古音の反切と現代音との関係が明瞭になっています。前言に、「設立審音組,專司其職」とあるように、音に関してかなりの向上が見られるようです。

weiyu.JPGまたこれまで『辞源』は百科辞典的な項目について、若干弱く、ライバルの『辞海』に譲るところがありましたが、これも力を入れて増強してある様子です。同時に、これまで少なかった挿絵もかなり増やしてあり、眺めて楽しい本に仕上がっています。

214の部首、14210の字、92646の詞で、1200万字、4767ページの巨冊で、1000幅の挿絵を入れたとのこと(「第三版前言」より)。しばらく、楽しい時間を過ごすことができそうです。

広告

「『辞源』第3版、出ました!」への2件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                           2016年1月24日
    「一」のみで 七十二頁
    諸橋の 偉業しづかに 図書館の書架

    『大漢和』は、「十師友」ではないようですが、この歌が大賞に選ばれました。やはり『大漢和』は「偉業」だと思います。
    ◎「NHK全国短歌大会」
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160123/k10010382841000.html
    藤田吉秋

  2. 藤田様

    面白い短歌のご紹介、ありがとうございます。家父が大修館書店に勤務していたことがあり『大漢和』に親しみも感じますし、該書は関係する方々の情熱の結晶であるとうかがい、敬意を抱いております。

    斯学に志したころ、特に大きな理由もなく、「できる限り、日本の書物にたよらず、中国書を通して漢学を学んでみたい」と決意したため、『大漢和』を読まずに今日まで過ごして来ましたが、もしあの頃、『大漢和』をたよりに漢籍を学んでいたならば、どのようになっていただろうかと、つれづれに妄想してみたりします。それはそれで幸せになれたのかもしれないと思います。

    学退覆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中