地面に散乱した硬貨


Zeni1kanbun
日本語版wikipedia「貫」より

昔の硬貨には、孔の開いたものがありました。それを何枚も集め、「貫」と呼ばれるひもに通して束にして利用するのです。現在我が国の五円玉や五十円玉に孔が開いているのはその名残ではあるものの、ひもに通す習慣はいまや廃れてしまいました。

そういった硬貨が、まとまりもなく地面に雑然と積まれている。まとまりを欠いた学問は、そのようなものである。章学誠の手紙に見えたその言葉に、不意を突かれてしまいました。

学問や文章といったものは、家法を成す必要があり、広く見渡して材料を集め、秩序立てて手中に収めるものですが、書物は大量にあって究めがたく自分の力にも限界があります。集中的に熱心に力を尽くすところがなければ、硬貨が地面に雑然と積まれ、(硬貨の孔に)ひもを通して貫けずにあるようなものです。

大抵學問文章,須成家數,博以聚之,約以收之,載籍浩博難窮,而吾力所能有限,非有專精致力之處,則如錢之散積於地,不可繩以貫也。(「章氏遺書」本『文史通義』外篇三「與林秀才書」)

章氏が林秀才なる人物に宛てた手紙の一文です。この林氏が誰なのか、これがいつ書かれたものか、知る手がかりはありません。ともかく、その林さんは、中国古典に関する学術的な札記、『三餘筆録』を執筆し、章学誠に送ってよこし意見を求めたらしく、この「与林秀才書」なる手紙がそれに対する章氏の回答であることは間違いありません。

章学誠は何の忌憚もなく、この『三餘筆録』という書物が体系性を欠く雑然としたメモに過ぎず、とても「著述」の名に値しないことを指摘するのですが、そこで「如錢之散積於地,不可繩以貫也」といって引き合いに出されたのが、この硬貨なのです。

それを貫くひももなく、地面に雑然と積まれた硬貨。『史記』平準書が「京師之錢累巨萬,貫朽而不可校」と伝えるのは、前漢の武帝時代の国庫の豊かさでもありますが、同時に、その使い道のなさでもありましょう。

このブログも、それなりに何とか書きついでいますので、少しばかりボリュームも出てきたものの、とりとめがなく、まさにこの銭の譬喩にぴたりと当てはまります。そもそも著述を目指したわけではなく、体系性への志向はいまだ芽生えませんが、章氏のこの言葉を心に刻み、いずれ「貫」に通した作品にまとめ上げられはしないものかと夢想してしまいます。

 

広告

「地面に散乱した硬貨」への2件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                           2016年1月27日
    ◎「家法を成す必要」。
    ①棭翁 家法 久湮淪
    ②絶學 曾無 人問津
    ③吾奉 湖南 夫子敎
    ④殘生 炳燭 欲傳薪

    これは神田喜一郎先生(1897-1984)の私家版『日本書紀古訓攷證』(1974)の巻末に付けられた「日本書紀古訓攷證刷印告竣自書其後」四首の第三です。「家法」という言葉から思い出しました。「家法」はおのずから形成されるものだと思います。「体系性への志向」はなさらぬ方が楽しく読めます。
    それにしても『三餘筆録』という書物がどこからか発見されたら面白い。吉川忠夫先生も『三余録』(1996)という書物を書かれていました。藤田吉秋

  2. 藤田様

    神田先生の詩をご紹介下さいまして、ありがとうございます。おっしゃるとおり、家法とか流派とかいったものは、なかなか難しいものだと思っておりますし、自分に引きつけて考えたところで、親しく教えを受けた先生方のことを思い出しながらも、後世に何を伝えるのか、といった大上段に構えた構想を練るまでには到底いたりません。

    林氏の『三餘筆録』、想像してみると楽しいのですが、章学誠にここまで言われて挫折して出版されずに終わったものなのだろうか、そうだとすると、このような章氏の態度は正しかったのかどうか、などと考えてしまします。現在でしたら、ハラスメントと言われてしまうかも知れません。

    「三餘」の名称は、実に優雅なものです。吉川先生のものは、「中外日報」に載せられたものですが、最近はもう書かれていないご様子で、寂しく思っております。

    学退覆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中