「馬宗璉行年考」


恩師、陳鴻森先生が最近書かれた「马宗琏行年考」(《复旦学报(社会科学版)》2015年第5期)をたまたま眼にする機会があり拝読しました。近年は主に清朝の学者の伝記的事項を追っていらっしゃいますが、この論文もそのひとつ。馬宗璉(1757-1802)の伝記を記述したものです。

馬宗璉は今となっては知る人もない学者となってしまったらしいのですが、著名な『毛詩傳箋通釋』を書いた馬瑞辰(1782-1853)の父。しかも桐城派の巨匠、姚鼐(1731-1815)の甥にあたる、とのこと。馬宗璉は当時かなり重んじられた学者で、『清史列傳』69、『清史稿』482にも伝が立っているものの、現代ではその名を知る人も少なくなり、生卒年すら自明でないこと、この論文から知られます。

陳先生は乾隆・嘉慶年間の学者を網羅的に調べていらっしゃり、台湾・大陸の学界において圧倒的な存在感を示しておられます。その研究の徹底ぶりは追随者の接近を決して許さない水準に達しているものと評し得ましょう。

その陳先生が馬宗璉に関心を示されたのは、ただ彼が馬瑞辰の父、姚鼐の甥のであるのみならず、馬宗璉の学術が当時において決して軽視できない重要な地位を占めていたからに他なりません。その主著、『春秋左傳補注』三巻(1794自序、『皇清經解』1277-1279にも収める)が伝わる他、阮元が編纂した『經籍籑詁』の構想に大きな役割を果たし(たまたま昨日も『經籍籑詁』に触れました)、しかも、太平天国の乱に巻き込まれて失われた幻の巨著『史籍考』の分担執筆も行っていたことが、陳先生のこの論文により詳細に明かされています。

生卒年の確定にはじまり、『經籍籑詁』や『史籍考』といかに関わったのかなど、馬氏の人生を丹念に追い、一文ごと読み進めるうちに、次々と謎が解き明かされており、思わず興奮してしまいました。

13ページの論文に125の注。逐一、資料に裏付けられた記述です。資料と一口に言っても相互の間に齟齬がつきものですが、そのような複雑な資料が透徹した視線のもと、すっきりと明瞭に位置づけられ、見晴のよい場所に連れられて、先生とともに下界を見渡すような感覚を得ました。

広告

「「馬宗璉行年考」」への4件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                           2016年2月1日
    ◎「その主著、『春秋左傳補注』三巻(1794自序、『皇清經解』1277-1279にも収める)」。
    陳先生の論文に「其中『左傳補注』三卷生前曾梓刻、後收『清經解』卷一二七七至一二七九」とあり、「此書道光閒光聰諧輯刻『龍眠叢書』」ともありますが、「全國漢籍データベース」に拠れば、日本には「皇清經解」本と「續修四庫全書」本としか無いようです。「皇清經解」の底本となった原刻本が全部残っている、というわけではないのですか。『龍眠叢書』も日本には無いようです。『校經堂詩鈔』も東大東文研に一本有るだけのようです。読んでみたいとは思いますが・・・。
    ◎「『經籍籑詁』や『史籍考』」。
    李洛旻という方の論文に以下の二種がありました。②には「修纂『經籍纂詁』」、「佐修『史籍考』」の項が有ります。「籑」は「纂」となっています。

    ①「清代以至近代學者引用馬宗璉『春秋左傳補注』的若干考察」(經學研究集刊・2010)
    http://www.nknu.edu.tw/~jingxue/100/download/essay/009/009010.pdf
    ②「馬宗璉『春秋左傳補注』研究」(嶺南大学・2011)
    http://commons.ln.edu.hk/cgi/viewcontent.cgi?article=1003&context=chi_etd

    藤田吉秋

  2. 古勝 隆一先生
                           2016年2月5日
    ◎「『春秋左傳補注』三巻の原刻本」。
    陳先生の論文に「『春秋左傳補注』三卷、乾隆閒原刻本傳世無多、今有『續修四庫全書』影印本」と注記されていました。「續修四庫全書」の底本が「原刻本」なのでしょうか。
    ◎「馬宗璉父子生長于桐城、獨精研漢學、可謂卓爾特立之士」。
    何海燕・黃昭茜「胡承珙與馬瑞辰之『詩經』學立場異同論析」という論文もありました。(中國文哲研究通訊・2015)
    http://140.109.24.171/home/publish/PDF/newsletter/98/98-113-123.pdf
    此の論文では、「馬宗璉在治學上重考據、無門戸之見、在一定程度上開漢・宋合流的新風、也彌補了桐城派在考證方面的不足」と結論しています。陳先生の「馬宗璉父子、與姚鼐及桐城諸子異趣」と言われるのとはやや論調を異にするように思いました。姚鼐は、「題外甥馬器之長夏校經圖」詩に於いて、「競言能漢學、瑣細搜殘餘」、「願甥取吾説、守拙終不渝」と馬宗璉を戒めています。
    それから、馬宗璉の字器之は、「子曰、女器也。曰、何器也。曰、瑚璉也」(『論語』)からですね。藤田吉秋

  3. 藤田様

    コメントくださいまして、ありがとうございます。

    原刻本について、私はよく分からないのですが、先ほど『続修四庫全書』を確認したところ、底本については「據北京圖書館分館藏清刻本影印,原書版框高一七八毫米,寬二九〇毫米」とあるのみでした。

    ちなみにこの本を、ネット上にある以下の本と比較してみました。

    http://ctext.org/library.pl?if=gb&res=1649

    こちらは「北京大學圖書館」蔵本、とのこと。見たところ、同版です。どちらにも巻三の末に「蕭山湯應鯉校字」の一行があります。湯応鯉については未詳です。陳先生はこれを原刻本と判断なさっているようですが、根拠についてはいずれ質問してみます。

    何氏・黄氏の馬宗璉評も、純然たる桐城派ではない、という点においては、陳先生の馬氏評と矛盾するとまでは言えないのではないかと考えますが、如何でしょうか。

    字器之は、おっしゃる通りと存じます。

    学退覆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中