史学史的ということ


川勝義雄氏『史学論集』(朝日新聞社、1973年、中国文明選12)は、司馬遷の「太史公自序」から章学誠の『文史通義』原道篇にいたる中国史学の古典数篇を訳出して詳しく説き、中国史学のエッセンスを伝える名著です。本書にさしはさまれた「月報」に、鈴木成高氏「西洋史家の中国史妄語」という一文があり、興味深く読みました。

素人の気楽さであえて不遠慮にいわせてもらうなら、由来、シナ学という学問のなかに「史学史的」な関心というものが、欠けていたのではないだろうか。文献学的な関心だけで、史学史固有の関心というものが、欠けていたのではなかったか。そういう関心が生きておれば、文献学的にいかに厖大なジャングルであろうとも、そして自分の文献的能力がいかに未熟であろうとも、それほど恐れることはない筈である。とっくの昔、状況はそういうところまできている筈である。(p.2)

西洋史家の鈴木成高氏(1907-1988)から、「シナ学という学問がもつ体質」に向けて放たれた、鋭い指摘です。

内藤湖南の『支那史学史』は、たいへん貴重な本だが、私には奇妙にわかり難い本である。きわめて平易且つ平明に、読み易く、常識的に書かれているにもかかわらず、である。外国語で、しかも難かしい理論的用語で鹿爪らしく書かれている西洋の史学史の本の方が、はるかに私にはわかり易い。(p.2)

内藤湖南『支那史学史』が、「きわめて平易且つ平明に、読み易く、常識的に書かれているにもかかわらず」、「私には奇妙にわかり難い」と鈴木氏が言われる意味は、あまり詳しく説明されていない以上、私にはよく分かりません。鈴木氏が分かりやすいという「西洋の史学史の本」も読んでみたいのですが、書名までは挙げられていません(あるいはランケの著作などでしょうか?)。可能であれば、ぜひ対照してみたい気がします。

ともかく、鈴木氏が「シナ学という学問のなかに「史学史的」な関心というものが、欠けていたのではないだろうか」と言われる場合、鈴木氏の用いる「史学史的」の意味が十分には汲み取れないものの、それでも半分くらいは理解できるような気がします。史学史という歴史学の一派は、中国史研究の領域では(少なくとも日本では)門戸を確立していないように思えます。

「文献学的な関心だけで、史学史固有の関心というものが、欠けていたのではなかったか」という鈴木氏の指摘は貴重だと思いました。文献学というものが、史学文献に限らずすべての文献を包括する方法論であったからこそ、中国学においては文献学的関心からなされる研究が高度な発展を遂げたのではないかと私は考えます。

鄭樵『通志』にせよ章学誠『文史通義』によせ、「史学史」的見地からして中国を代表する著作であることは間違いないところですが、『通志』に「校讐略」が含まれ、『文史通義』の姉妹篇に『校讐通義』があることからしても、この両書とも、文献学的方法論と不可分の関係にあることは明白です。むしろ、文献学の方法こそが鄭樵や章学誠の史学を基礎づけていると言えそうです。

西洋史学において史学史的関心が重要であるのと同様、伝統的な中国学においては文献学的関心が重視されたということは認めてもよいのではないでしょうか。確かに、中国学には史学史的関心が欠けているというのは鈴木の指摘通りで、それが中国学の特徴の一つであるとも評しえましょう。

しかし、史学史的関心とは別に、文献学的関心ーこれを目録学的関心と言ってもよいのですがーが中国学において十全に機能していさえすれば、それほどジャングルの中で迷うのを恐れる事態に陥らずにすむのではないかと、私は思っています。

もちろんそれとは別に、今後、西洋史学の方法を鏡として中国学独自の史学史が登場し一定の地位を占めるとすればそれは素晴らしいことですが、その際にも、史学史的関心が従来の文献学的関心とどのような関係を取り結ぶのか、それをめぐって考えるべきことは多いように思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中