『呉大澂和他的拓工』


tagong.jpg勤務先に少なからず蔵せられていることもあって、石刻資料を紙に転写した「拓本」を目にしたり手に取ったりする機会はこれまでにもありました。紙と墨が作るモノクロの世界に親しみを持っています。

以前は研究会の都合で毎週2時間づつ拓本を観察していたのすが、最近はその世界からやや遠ざかってしまい、残念に思っていたところ、中国の書店にて白謙慎『呉大澂和他的拓工』という薄い本を見つけたので、さっそく一本を求めて読んでみました。

白谦慎《吴大澂和他的拓工》

海豚出版社(海豚书馆),2013年6月

呉大澂(1835-1902)、あざなは清卿、号は恒軒、愙斎、蘇州呉県の人。同治7年(1868)の進士で、清末の著名な政治家、文人です。この人が金石学に詳しいことはさすがに認識していましたが、その呉氏と関わった「拓工」と聞くと、物珍しく聞こえたので関心を持ったわけです。

呉氏が黄易(1844-1882、あざなは小松)という金石学の先達に大いに憧れていたこと、陳介祺、潘祖蔭などといった金石コレクターの仲間たちとの交友、そして呉氏のために拓本をとった「拓工」たちとの関係まで、豊富な手紙や日記を駆使して丁寧に考察した書物です。読み物としてのみならず、研究としてみても有意義でした。

しかしコレクターの世界というのは、なかなか生々しいものです。たとえば友人の陳介祺が1884年に亡くなった時、多忙の呉大澂は弔問に赴けなかったとのことですが、翌年、陳氏の跡取りに手紙を書いてコレクションの整理に言及し、陳氏が収蔵した「毛公鼎」の拓本をとらせてくれるよう頼んでいます。ものへの執着を感じました。

彼が拓本作成を依頼した拓工たちについてもよく理解できました。拓工には職人も文人もおり、呉氏の著作『説文古籒補』を熟知していた黄士陵なども呉氏のために職業的に拓をとったとのこと。篆刻に巧みな人を信頼して拓をとらせていた、などという指摘には、なるほどと思わせられました。

イルカをシンボルにした海豚出版社の本は今回はじめて読みましたが、安くて軽く、好感が持てました。横組み簡体字です。

一画の差


名高い泰山の北に済南という町がありますが、後漢から隋にかけての時代、このあたりは山茌県という地名だったそうです。『後漢書』郡国志に「山茌,侯國」(『後漢書』郡國志三、兗州、泰山郡)と見えるのがその早い例。

ところで、さまざまな書物やそのさまざまな伝本において、この「山茌」を「山荏」と誤るものが相当数あり、たとえばちかごろたまたま眼にした『続高僧伝』読誦篇の一文もそうでした。

高麗再雕本『続高僧伝』より
高麗再雕本『続高僧伝』より

釋志湛,齊州山人,是朗公曾孫之弟子也。(『續高僧傳』卷二十八、讀誦篇、魏泰岳人頭山銜草寺釋志湛傳。T50-686a)

『大正新修大蔵経』では、この部分に校勘記がありませんが、しかし「山荏」が「山茌」の誤りであることは確かです。たとえば、CBETASATKANRIPOといったデータベースで、「山荏」と検索してみてください。他にも例を見いだせます。

近年、『続高僧伝』の点校本が出ました(郭紹林點校『續高僧傳』、中華書局、2014年、中國佛教典籍選刊)。この本を見たところ、誤りなく「山茌」となっていたのは好印象でした。底本は磧砂版とのこと、いずれ確認しておきたいと思います。

絵にかいた餅


漢語に「畫餅充饑」という成語があります。『三国志』に基づくものということ。

時舉中書郎,詔曰:「得其人與否,在盧生耳。選舉莫取有名,名如畫地作餅,不可啖也。」(『三國志』魏書二十二,盧毓傳) 

名声などというものは、地面に「餅」の絵をかいたのと同じで、食えるものではない、空虚なものだ、と。

この「畫餅」、日本語のことわざにもなり、「絵に描いた餅」「画餅」などといいます。しかしながら問題は「餅」で、日本人が思い浮かべる「モチ」と、『三国志』でいう「餅」とは、どうも異なるものらしいのです。

ここで私が日本人の思い浮かべるモチ、というのは、餅米を蒸してついて粘りを出した食品です(現代漢語では「黏糕」といいます)。一方、『三国志』にいう「餅」は、どうも穀物(小麦やうるち米など)を挽いて粉にし、それを水と合わせてこね、それをさらに加熱して食品にしたもののようです。

盧毓が生きていた二世紀から三世紀にかけて、どのような「餅」が食されていたかは考証し難いのですが、六世紀に書かれた『斉民要術』巻九「餅法」(繆啓愉校釋『齊民要術校釋』中國農業出版社,1998年,pp.632-640)を見ると、実にさまざまな種類の「餅」が並べられています。田中静一・小島麗逸・太田泰弘訳『斉民要術—現存する最古の料理書』(雄山閣出版社、1997年。pp.197-205)にも説明があります。

『斉民要術』を見ると、小麦粉を練って焼いた「燒餅」という食品や、「水引、餺飩」と呼ばれる麺料理まで、いろいろなものが紹介されています。当時の「餅」は多様であり、現代中国の「餅bǐng」とも異なります。繆啓愉氏が「現代で言うところの餅とはまったく異なる」(p.633)という通り、概念の範囲に違いがあります。

そういうわけですから、『三国志』にいう「畫地作餅」をどう訳すのか、これはなかなか厄介な問題だといえましょう。「地面に餅を描く」と訳して大過はないはずですが、少し厳密に訳そうとすると、日本語でいうモチでもなく、さりとて現代漢語でいう「餅bǐng」でもなく、何とも訳しづらいのです。「練り餅」という日本語もありそれでもよさそうですが、さすがにそこに麺類は含まれないと思います。

なお余談ながら、田中慶太郎『支那文を讀む爲の漢字典』は、「餅」を次のように説明しています。「食品。麪を溲(ひた)して平圓形に製し、火を用て之を焙りて食ふなり」。(p.621)主に、現代中国の「餅」の説明ですが、「モチ」であるとは決していわないのが、この字典の面白いところでもあります。