絵にかいた餅


漢語に「畫餅充饑」という成語があります。『三国志』に基づくものということ。

時舉中書郎,詔曰:「得其人與否,在盧生耳。選舉莫取有名,名如畫地作餅,不可啖也。」(『三國志』魏書二十二,盧毓傳) 

名声などというものは、地面に「餅」の絵をかいたのと同じで、食えるものではない、空虚なものだ、と。

この「畫餅」、日本語のことわざにもなり、「絵に描いた餅」「画餅」などといいます。しかしながら問題は「餅」で、日本人が思い浮かべる「モチ」と、『三国志』でいう「餅」とは、どうも異なるものらしいのです。

ここで私が日本人の思い浮かべるモチ、というのは、餅米を蒸してついて粘りを出した食品です(現代漢語では「黏糕」といいます)。一方、『三国志』にいう「餅」は、どうも穀物(小麦やうるち米など)を挽いて粉にし、それを水と合わせてこね、それをさらに加熱して食品にしたもののようです。

盧毓が生きていた二世紀から三世紀にかけて、どのような「餅」が食されていたかは考証し難いのですが、六世紀に書かれた『斉民要術』巻九「餅法」(繆啓愉校釋『齊民要術校釋』中國農業出版社,1998年,pp.632-640)を見ると、実にさまざまな種類の「餅」が並べられています。田中静一・小島麗逸・太田泰弘訳『斉民要術—現存する最古の料理書』(雄山閣出版社、1997年。pp.197-205)にも説明があります。

『斉民要術』を見ると、小麦粉を練って焼いた「燒餅」という食品や、「水引、餺飩」と呼ばれる麺料理まで、いろいろなものが紹介されています。当時の「餅」は多様であり、現代中国の「餅bǐng」とも異なります。繆啓愉氏が「現代で言うところの餅とはまったく異なる」(p.633)という通り、概念の範囲に違いがあります。

そういうわけですから、『三国志』にいう「畫地作餅」をどう訳すのか、これはなかなか厄介な問題だといえましょう。「地面に餅を描く」と訳して大過はないはずですが、少し厳密に訳そうとすると、日本語でいうモチでもなく、さりとて現代漢語でいう「餅bǐng」でもなく、何とも訳しづらいのです。「練り餅」という日本語もありそれでもよさそうですが、さすがにそこに麺類は含まれないと思います。

なお余談ながら、田中慶太郎『支那文を讀む爲の漢字典』は、「餅」を次のように説明しています。「食品。麪を溲(ひた)して平圓形に製し、火を用て之を焙りて食ふなり」。(p.621)主に、現代中国の「餅」の説明ですが、「モチ」であるとは決していわないのが、この字典の面白いところでもあります。

 

広告

「絵にかいた餅」への7件のフィードバック

  1. 日本の「餅」も広義では餅米をついたものとは限りません。麺類は確かに日本では餅とは言いませんが、蕨餅・葛餅・栃餅・煎餅など、素材も調理法もまちまちです。時代や土地が異なれば食文化が異なるのも当然で、時としてピッタリ当てはまる訳語がないのは珍しいことではないはずです。かと言って、無理に粉物とかパスタなどと「餅」を訳してしまうのも違う気がします。こういう場合は、原文通り、「餅」と訳しておいて必要に応じて注記をつけるしかないのではないと思うのですがいかがでしょうか?

    それと田中慶太郎『支那文を讀む爲の漢字典』は、陸爾奎・方毅らの『学生字典』を邦文に翻訳したものがベースだったはずです。トートロジーにならないようにするのが辞書の大原則ですが、『学生辞典』の原文はどうなっているのか気になるところです。

  2. 書生様

    コメントお寄せ下さいまして、ありがとうございます。もちろん、こんなことはしばしばあることで、わざわざ言い立てるほどもないことです。

    『支那文を讀む爲の漢字典』は、他の漢和辞典が載せる和訓をあえて載せないのが面白い、という意味でした。それ以外の意味はございません。意味が通じづらくてすみません。

    学退覆

  3. 日本では餅はモチ米で現在は通用してはおりますが、時代やその地方に依っては時代が反映しモチ米は超高級品であった為に、五穀米に似た内容を食していたに違いありません。中国でも全国民が白米を食べるようになったのも ついここに100年以内の事でそれまでは五穀米が通常であった様です。その証拠に現在でも祭り事においては昔と同じ内容の五穀米に似たものを食しております。100年前まではヤントン(穴倉住居)に住む農家の一番貧しい位はヒエやアワを食しておりました。

    従いまして、農業技術も低く、利水も十分でなかった時代には仰る通りのうるち米とヒエ又はアワが蒸された物でなかったか?と思えます。
    私の婢祖母の田舎では貧しく、砂糖など使うのは本当に稀で結婚式などにしか食されなかった様です。当時の農業技術が反映していた様です。

    1. 書道者さま

      コメントくださいまして、ありがとうございます。

      中国の「餅」というものは穀物(特に小麦)の粉を使いますから、水車などの大がかりな設備が必要で、もともとは贅沢品だったのだと思います。『斉民要術』に書いてある食品や料理も、どれだけ庶民の口に入っていたのかは、おっしゃるように別問題であると思います。

      食生活の変化というのは興味深い問題です。

      学退覆

  4. 古勝 隆一先生
                           2016年4月22日
    ◎『学生字典』。「餅」。
    「食品。洩麪製爲平圓形。用火烙之而食也。製餅者亦謂之餅師。又煑麪謂之湯餅。古生子之家、多以麪享客。謂之湯餅會」(P.468)となっています。田中氏は「洩」を「洩(ひた)して」と訓んでいますが、「洩」ならば「浸して」ではなく「洩(のば)して」ではないでしょうか。『釈名』釈飲食第十三には、「餅、幷也。溲麪使合幷也」。「溲」だと「ひたす」でしょうか。また、田中氏は「麵」ではなく「麪」をそのまま使っています。
    *『釈名疏証』釈飲食第十三
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=12856&page=53
    ◎『齊民要術校釋』。
    この書物は持ち合わせませんが、『箋注倭名類聚抄』飲食部第十一には、「毛知比、毛知以比之急呼。毛知謂黏著者」、「『通鑑』唐粛宗紀『日向中、上猶未食、楊國忠自市胡餅以獻』」などと書かれていました。餅売りは唐代にも居たようです。
    ◎「賣餅」。
    「餅」というと趙岐(?~201)を思い出します。ただの餅売りではなかったようですね。
    *『後漢書』趙岐伝
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=15432&page=69
    自匿姓名、賣餅北海市中。時安丘孫嵩年二十餘、遊市見岐、察非常人、停車呼與共載。岐懼失色。嵩乃下帷、令騎屏行人。密問岐曰、「視子非賣餅者、又相問而色動、不有重怨、即亡命乎。我北海孫賓石、闔門百口、埶能相濟」。岐素聞嵩名、卽以實告之、遂以俱歸。
    藤田吉秋

    1. 藤田さま

      コメントありがとうございます。

      田中氏の字典からの引用、ご指摘のように不正確なところがありましたので訂正いたします。私の手もとにあります、昭和三七年版では、「溲(ひた)して」となっておりましたので、そのように訂正します。ありがとうございます。

      『和名類聚抄』は一度調べてみる必要があります。『日国』には十巻本『和名類聚抄』〔934頃〕四を引いて、「餠 殕字附 釈名云餠〈音屏 毛知比〉令穤麺合并也 胡餠以麻着之〈今案麺麦粉也 世間餠粉阿礼是也〉」とあるそうです。すると、この辞書に載っている「毛知比」は、中国の「餅」であるようです。

      本文で「ここで私が日本人の思い浮かべるモチ、というのは」と、わざとことわったのは、日本語の歴史を調べるのは後回しにしようという横着からでしたが、いけませんね。

      趙岐の「賣餅」、忘れてはならないことでした。吉川忠夫先生の『後漢書』訳では特に訳しておられなかったようですが、文章で少し触れられていたような覚えがありますので、また確認しておきます。

      学退覆

  5. 古勝 隆一先生
                           2016年4月22日
    ◎昭和三七年版では、「溲(ひた)して」。
    『学生字典』も「洩」ではなく「溲」でした。藤田吉秋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中