『呉大澂和他的拓工』


tagong.jpg勤務先に少なからず蔵せられていることもあって、石刻資料を紙に転写した「拓本」を目にしたり手に取ったりする機会はこれまでにもありました。紙と墨が作るモノクロの世界に親しみを持っています。

以前は研究会の都合で毎週2時間づつ拓本を観察していたのすが、最近はその世界からやや遠ざかってしまい、残念に思っていたところ、中国の書店にて白謙慎『呉大澂和他的拓工』という薄い本を見つけたので、さっそく一本を求めて読んでみました。

白谦慎《吴大澂和他的拓工》

海豚出版社(海豚书馆),2013年6月

呉大澂(1835-1902)、あざなは清卿、号は恒軒、愙斎、蘇州呉県の人。同治7年(1868)の進士で、清末の著名な政治家、文人です。この人が金石学に詳しいことはさすがに認識していましたが、その呉氏と関わった「拓工」と聞くと、物珍しく聞こえたので関心を持ったわけです。

呉氏が黄易(1844-1882、あざなは小松)という金石学の先達に大いに憧れていたこと、陳介祺、潘祖蔭などといった金石コレクターの仲間たちとの交友、そして呉氏のために拓本をとった「拓工」たちとの関係まで、豊富な手紙や日記を駆使して丁寧に考察した書物です。読み物としてのみならず、研究としてみても有意義でした。

しかしコレクターの世界というのは、なかなか生々しいものです。たとえば友人の陳介祺が1884年に亡くなった時、多忙の呉大澂は弔問に赴けなかったとのことですが、翌年、陳氏の跡取りに手紙を書いてコレクションの整理に言及し、陳氏が収蔵した「毛公鼎」の拓本をとらせてくれるよう頼んでいます。ものへの執着を感じました。

彼が拓本作成を依頼した拓工たちについてもよく理解できました。拓工には職人も文人もおり、呉氏の著作『説文古籒補』を熟知していた黄士陵なども呉氏のために職業的に拓をとったとのこと。篆刻に巧みな人を信頼して拓をとらせていた、などという指摘には、なるほどと思わせられました。

イルカをシンボルにした海豚出版社の本は今回はじめて読みましたが、安くて軽く、好感が持てました。横組み簡体字です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中