柳賛?柳贇?


DSC_0152
柳の下の一文字は?

右の画像をご覧ください。版本(の影印本)の一部です。

その上で、クイズを出題します。最終行に見える、「柳」の下、「謹」の上の一字は何でしょうか?お考えください。

ヒントを申し上げると、「賛」「贇」などと読んだ例がありますが、いずれも誤りだそうです。

正解は明日にでも、ここに書きます。

なお恥を承知で申し上げると、わたくしは読めませんでした。

柳賛?柳贇? の続きを読む

医書の誤字、経典の誤字


医学書に誤字があると、どうなりましょうか?誤った情報に基づいて処方や治療が行われるならば、この上なく危険なことに思われます。では、儒教の経典に誤字があった場合はどうでしょう?むろんどんな本にも誤字はない方がよいのですが、医学書と比べると如何でしょうか。

昨日取り上げた、江辛眉(1922-1986)「校讎蒙拾」の中に、次の一節があります。

齊召南謂:“書有版本,讀書稱便;自有版本,校者轉難。”其故何哉?蓋舊本之訛,或出無心;新刻之失,每因怠忽。乃曰:“誤而思之,更是一適。”又曰:“非關壽夭,未有所傷。”其謬如此,固當騰笑眾口,而支離失讀矣。(「辨訛第四」p.49)

木版印刷が始まり、書写して本を作っていた時代よりも便利になったものの、どうも文字の正確さがおろそかになったのは、困ったものだ。それなのに、この問題の重大さを認識していない者がいる。大意はそういうことでしょう。

「非關壽夭,未有所傷」に対しては、次のような著者の自注がついています。

(劉跂《趙氏金石錄序》)又曰:“昔人欲刋定經典及醫方。或謂:‘經典同異,未有所傷;非若醫方能致壽夭。’ 陶弘景亟稱之,以為名言,彼哉卑陋,亦至於此

ある人が、「経典に違いがあっても、大問題ではない。医学書の場合には人命に関わるが、経典の誤字などそれほど重大ではない」と言ったところ、陶弘景(456-536)という医学にも造詣の深かった道士は、その考えに同意して「それは名言だ」とほめた。この陶氏の発言に対して、宋代の劉跂がとんでもないこと、と批判した部分です。

儒教経典を重んずる立場からすれば、人命に関わらないからといって、経典の文字に無頓着な姿勢は看過できないことなのでしょう。

中国の伝統的な価値観のもとでは、儒教経典の存在こそがこの世の秩序を成り立たせており、経典の真義を明らかにすることが最重要課題であるとされてきたからです。近代人である江辛眉も、どうやら劉跂に同調しているようです(本書全体の趣旨を踏まえると、江氏が儒教経典を絶対視していたとは思えないのですが、この部分の文字面はそのように読めるということです)。

儒家経典の誤字は、医書の誤字よりも深刻でないのかどうか?そのような問いに人々が熱くなった時代があったことを知りました。

『校讎蒙拾 読韓蠡解』


江辛眉(1922-1986)の『校讎蒙拾 読韓蠡解』という本を読みました。

江辛眉 『校雠蒙拾 读韩蠡解』

海豚出版社(海豚书馆),2014年11月

著者の江辛眉は、上海師範学院(現、上海師範大学)にて教鞭をとった方だと、本書に冠せられたご子息の序文に書いてあります。「校讎蒙拾」は校勘学の入門書、「読韓蠡解」は韓愈の詩の注釈。江氏が校勘学にも韓愈にも詳しかったことが本書から見て取れます。

「校讎蒙拾」、漢籍の校勘学に関する、とてもよい入門書でした。本文を駢文で書き、それに詳しい自注を加える形式です。入門書といってもなかなか高度で、校勘学に少しなじんだ人に向くのかもしれません。白状すると、私の学力では、本文だけを読んで内容を理解することは困難でした。

銭大昕『十駕斎養新録』、王念孫『読書雑志』、王引之『経義述聞』、俞樾『古書疑義挙例』、楊樹達『古書句読釈例』といった校勘の名著から豊富な例が引用されており、それらの著作への手引きともなっていますが、それのみならず、この本なりの体系が備わっており、読んで楽しむことができました。

「瓊」という字については、『説文解字』が「瓊,赤玉也」というのに基づき、赤い玉(ギョク)だとする説がありますが、韓愈の詩が雪を表現してこの字を用いるからにはそれはおかしいと江氏は言い、「瓊,亦玉也」が正しく、「赤」は「亦」の誤り、とする段玉裁説を肯定しており、痛快でした。

なお注に引かれた文などに不審なところがありました(句読など)。時間をみつけて確認しておきます。

この本も海豚出版社の一冊。16.80元と安価であったために手にしたのですが、買ってよかったと思いました。