医書の誤字、経典の誤字


医学書に誤字があると、どうなりましょうか?誤った情報に基づいて処方や治療が行われるならば、この上なく危険なことに思われます。では、儒教の経典に誤字があった場合はどうでしょう?むろんどんな本にも誤字はない方がよいのですが、医学書と比べると如何でしょうか。

昨日取り上げた、江辛眉(1922-1986)「校讎蒙拾」の中に、次の一節があります。

齊召南謂:“書有版本,讀書稱便;自有版本,校者轉難。”其故何哉?蓋舊本之訛,或出無心;新刻之失,每因怠忽。乃曰:“誤而思之,更是一適。”又曰:“非關壽夭,未有所傷。”其謬如此,固當騰笑眾口,而支離失讀矣。(「辨訛第四」p.49)

木版印刷が始まり、書写して本を作っていた時代よりも便利になったものの、どうも文字の正確さがおろそかになったのは、困ったものだ。それなのに、この問題の重大さを認識していない者がいる。大意はそういうことでしょう。

「非關壽夭,未有所傷」に対しては、次のような著者の自注がついています。

(劉跂《趙氏金石錄序》)又曰:“昔人欲刋定經典及醫方。或謂:‘經典同異,未有所傷;非若醫方能致壽夭。’ 陶弘景亟稱之,以為名言,彼哉卑陋,亦至於此

ある人が、「経典に違いがあっても、大問題ではない。医学書の場合には人命に関わるが、経典の誤字などそれほど重大ではない」と言ったところ、陶弘景(456-536)という医学にも造詣の深かった道士は、その考えに同意して「それは名言だ」とほめた。この陶氏の発言に対して、宋代の劉跂がとんでもないこと、と批判した部分です。

儒教経典を重んずる立場からすれば、人命に関わらないからといって、経典の文字に無頓着な姿勢は看過できないことなのでしょう。

中国の伝統的な価値観のもとでは、儒教経典の存在こそがこの世の秩序を成り立たせており、経典の真義を明らかにすることが最重要課題であるとされてきたからです。近代人である江辛眉も、どうやら劉跂に同調しているようです(本書全体の趣旨を踏まえると、江氏が儒教経典を絶対視していたとは思えないのですが、この部分の文字面はそのように読めるということです)。

儒家経典の誤字は、医書の誤字よりも深刻でないのかどうか?そのような問いに人々が熱くなった時代があったことを知りました。

広告

「医書の誤字、経典の誤字」への7件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                           2016年5月4日
    ◎「齊召南謂」。
    齊召南の謂う「書有版本,讀書稱便;自有版本,校者轉難」、もし出典が示されているようでしたらお教え下さい。
    ◎「誤而思之,更是一適」。
    「誤書思之,更是一適」と記憶しておりましたが、「書」ではなく「而」なのでしょうか。意味が通りにくいように思いますが。藤田吉秋

  2. 藤田さま

    いつもコメント下さいましてありがとうございます。

    斉召南の文は、「進呈前漢書考證後序」という名で『宝綸堂文鈔』巻二に収められているようです(ウェブサイト「中國哲學書電子化計劃」でも版本の写真が見られます。殿版の『漢書』にも付されていると思いますが、未確認です)。江氏の自注が引いている部分を載せます。

    自唐以前,書皆鈔寫而校對極精。訛脫相承,不過數處。其有板本,自宋淳化中命官分校《三史》始也。板本染印,日傳萬紙,於人甚便。人閒摹刻以市易者滋多,彼此沿襲,校讎稍疏,輾轉失真,烏焉成馬。故書有板本,而讀者甚易;亦自有板本,而校者轉難,固其勢然也。

    なかなか面白い議論です。

    「誤而思之」は、おそらく厳密な引用ではなく、江氏が表現を工夫したものだと思います。これでも意味は伝わると思いますが、いかがでしょうか。

    学退覆

  3. 古勝 隆一先生
                           2016年5月4日
    ◎「書有版本,讀書稱便;自有版本,校者轉難」。
    ご教示ありがとうございました。
    斉召南『宝綸堂文鈔』巻三「進呈前漢書考證後序」に、「書有板本、而讀者甚易。亦自有板本、而校者轉難」とあるのを確認しました。なお、「亦目有板本」、「目」ではなく「自」では?。

    *『宝綸堂文鈔』巻三
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=42938&page=24
    *殿版『漢書』
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=79555&page=262

    斉氏は「烏焉成馬」の原因を板本に帰していますが、もともと「烏焉成馬」は、『周礼』·天官·縫人「喪、縫棺飾焉」、この鄭注に「故書『焉』爲『馬』。杜子春云、『當爲焉』」とあるのが古い用例だそうです。「書經三寫、烏焉成馬」。これは、板本の誤りではなく、鈔写の誤りを言ったものですね。
    ◎「誤而思之」。
    やはり人の校書するのを見て、「何愚之甚、天下書、至死讀不可遍、焉能始復校此。且誤書思之、更是一適」と言った邢邵の意図を尊重し、「誤書(誤字のあるままの書物)」とすべきだと思います。
    藤田吉秋

  4. 古勝 隆一先生
                           2016年5月9日
    ◎「江氏の自注が引いている部分」。
    「彼此俗襲」となっています。「俗」ではなく「沿」では?
    『宝綸堂文鈔』と殿版『漢書』後序と、江氏の引かれた部分だけでも幾つか異同があります。誤字と異本とは違う、とあらためて感じました。
    ◎「昔人欲刊定經典及醫方。或謂『經典同異、未有所傷。非若醫方能致壽夭』。陶弘景亟稱之、以爲名言。彼哉卑陋、亦至於此」。
    劉跂(1079年進士)よりも後生の唐庚(1070~1120)の方が「注易誤猶不至殺人。注本草誤則有不得其死者矣」と「ある人」の発言を陶弘景の所説と看做し、「六經者致治之本草也」・「前世儒臣引經悞國、其禍至于伏屍百萬・流血千里。本草之悞、豈至是哉」・「注本草悞其禍疾而小、注六經悞其禍遲而大」などと陶氏を強く非難しています。本草の誤用は個人の生命に関わるに過ぎないが、経典の誤用は国家の存亡に関わる、と唐氏は主張しています。「經典」は、もともと『周易』を指すようです。「經典同異、未有所傷」は、「経典の注釈の同異」に関する議論であって、「経典の文字の同異」に関する議論ではなかったように思います。
    *劉跂『学易集』巻六「金石錄序」
    http://ctext.org/library.pl?if=en&file=3019&page=24
    *唐庚『眉山唐先生文集』巻九「易庵記」
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=80709&page=100
    藤田吉秋

  5. 藤田様

    誤りの指摘と資料の提示、まことにありがとうございます。唐庚の主張は面白いですね。現代人には受け入れられそうにありませんが、そこに文化ギャップを感じます。

    「「経典の注釈の同異」に関する議論であって、「経典の文字の同異」に関する議論ではなかった」、なるほど、そうかも知れません。

    学退覆

  6. 古勝 隆一先生
                           2016年5月11日
    ◎「人々が熱くなった時代」。
    唐庚よりも更に後生の王宗伝(1181年進士)『童溪易伝』序にも「嗚呼、自斯人不至殺人之言一發而易之誤自此始矣」・「夫豈知本草誤、誤人命、註易誤、誤人心。人心一誤則形存性亡、爲鬼蜮、爲禽獸、將無所不至。其禍不亦慘於殺人矣乎」・「隱居之言曰、本草誤、人有不得其死者。殊不知註易誤、人有不得其生者。可謂智乎」などと陶弘景を劉跂・唐庚よりも一層厳しく非難している一節がありました。これも「註易誤、誤人心」と専ら『易』の注釈の是非を論じ、文字の異同は度外に置いています。一方で『童溪易伝』の『四庫提要』は「其書惟憑心悟、力斥象數之弊、至譬於誤注本草之殺人」と冷静にこの書を批評しているように思われます。陶氏の発言に熱くなっていたのは一部の宋人であったか、と察せられます。
    *王宗伝『童溪易伝』序
    http://ctext.org/library.pl?if=gb&file=5148&page=8
    藤田吉秋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中