慊堂先生の誕生日


明和八年九月二十七日(西暦で言えば1771年11月3日)、甲子の日、松崎慊堂は熊本に生まれました。『慊堂日暦』文政六年五月の記事に、「慊堂が所歴の甲子」として次のようにあります。

明和八(辛卯)年九月二十七日甲子、慊堂生まる。文政六(癸未)年四月二十五日甲子にいたるまで凡そ五十三歳、総て三百十四甲子。一万八千八百五十七日。(『慊堂日暦』1、平凡社東洋文庫、p.16)

甲子という特別な日(1から60まである干支の第1ですから)に出生したことは、慊堂にとって大切なことであり、甲子の日にはしばしばそのむね言及があります。感慨を持って、二ヶ月に一度の甲子を迎えたようです。たとえば、文政十年十一月二十三日の甲子には、「余が生まれし歳の九月二十七日は甲子、ここに於て三百三十八甲子なり」(『慊堂日暦』2、平凡社東洋文庫、pp.131-132)と書いています。

文政十一年九月二十七日、この日、慊堂の「誕辰」が行なわれました。前日には隣居の老人にわざわざ蕎麦を挽いてもらって準備した、と日記にあります。当日の日記を引きます。

晴、寒。甲子、五十八の初度たり。輪翁は晁上人・崋山外史と来り、芳洲・儀之助・牛之丞の三公来り臨まる。三管合奏し、輪翁は郢曲を歌う。集まる者は、井筒君、浅山哲蔵、渡辺奎輔、陰山・熊谷二生、古梁夫婦・女孫・上田雪坡。席上にて数十紙を漫書す。(『慊堂日暦』2、平凡社東洋文庫、p.212)

輪翁こと屋代弘賢(1758-1841)や崋山外史つまり渡辺崋山(1793-1841)も出席した、華やかな会合です。慊堂は「三百四十七甲子、二万八百二旬九。五十八年かくの如く過ぐ、富貴浮雲三杯の酒」というような詩も詠みました。

毎年九月二十七日になると誕生会を催したというわけではなく、この日は折よく九月二十七日と甲子とが重なったために、盛大な会を開いたのでしょう。誕生会の楽しさが想像されます。

広告

文に和習あって始めてこれ真の文


松崎慊堂(1771-1844)の『慊堂日暦』が面白いというのは、以前から聞いていたのですが、大部のものでもあり、なかなか手をつけずにおいてありました。最近、必要あって読み始めたところ、すっかり魅了されてしまいました。まだ読了していませんが、いたるところに興味をひかれる記事があります。

「和習」といえば、日本人の書く漢文の癖のようなもので、中国文を手本とする立場からすればあまりありがたいものではないようです。慊堂はその和習について、面白いことを言っています。文政十年十二月八日の日記から。

 「助字・作文」。古今各々異なる。先ず『史記』と六経とを比視すべし。漢は周の助字を用いず。後漢と前漢と異なる。作文もまた然り。唐の元結は六代の比儷を厭い、ここに於て始めて復古の事あり。然れども唐の文は自らこれ唐、宋の文は自らこれ宋。韓(愈)を学ぶ欧(陽脩)は、却って韓に似ず、自らこれ欧の文なり。南宋また北宋に非ず。この論は甚だ長ず、暇時にまさに説破すべし。文に和習あって始めてこれ真の文。漢に漢習あり、唐宋に唐宋の習あり。和に和習なければ、和人の文となさず。(『慊堂日暦』第2冊、平凡社、東洋文庫、1972年、p.137)

「漢に漢習あり、唐宋に唐宋の習あり」、中国のそれぞれの時代の文にも、他の時代とは異なる「習」があるのだから、日本人の書く文にも和習がなければ本当の文とは呼べない。なるほどと思いました。理想の文、などというのは、言われてみれば幻想です。

同日の日記には別のこともあわせて書かれているのですが、「右、九日夜の酔語、陰生と語る約略なり。筆かなわねば、急に思う通りに書付かれぬる。他日の心覚えにす」とメモがあります。九日、というのは八日の誤りか、とも思いますが、さて。

ともかく、陰生こと、陰山量平(1789-1833、あざな仲海)と酒を飲みながら話したことを書き付けたようです。陰山量平は、陰山豊洲(1750-1809)の養子で、私はこの陰山豊洲にも少し関心を抱いているところでしたので、ますます楽しくなりました。