文に和習あって始めてこれ真の文


松崎慊堂(1771-1844)の『慊堂日暦』が面白いというのは、以前から聞いていたのですが、大部のものでもあり、なかなか手をつけずにおいてありました。最近、必要あって読み始めたところ、すっかり魅了されてしまいました。まだ読了していませんが、いたるところに興味をひかれる記事があります。

「和習」といえば、日本人の書く漢文の癖のようなもので、中国文を手本とする立場からすればあまりありがたいものではないようです。慊堂はその和習について、面白いことを言っています。文政十年十二月八日の日記から。

 「助字・作文」。古今各々異なる。先ず『史記』と六経とを比視すべし。漢は周の助字を用いず。後漢と前漢と異なる。作文もまた然り。唐の元結は六代の比儷を厭い、ここに於て始めて復古の事あり。然れども唐の文は自らこれ唐、宋の文は自らこれ宋。韓(愈)を学ぶ欧(陽脩)は、却って韓に似ず、自らこれ欧の文なり。南宋また北宋に非ず。この論は甚だ長ず、暇時にまさに説破すべし。文に和習あって始めてこれ真の文。漢に漢習あり、唐宋に唐宋の習あり。和に和習なければ、和人の文となさず。(『慊堂日暦』第2冊、平凡社、東洋文庫、1972年、p.137)

「漢に漢習あり、唐宋に唐宋の習あり」、中国のそれぞれの時代の文にも、他の時代とは異なる「習」があるのだから、日本人の書く文にも和習がなければ本当の文とは呼べない。なるほどと思いました。理想の文、などというのは、言われてみれば幻想です。

同日の日記には別のこともあわせて書かれているのですが、「右、九日夜の酔語、陰生と語る約略なり。筆かなわねば、急に思う通りに書付かれぬる。他日の心覚えにす」とメモがあります。九日、というのは八日の誤りか、とも思いますが、さて。

ともかく、陰生こと、陰山量平(1789-1833、あざな仲海)と酒を飲みながら話したことを書き付けたようです。陰山量平は、陰山豊洲(1750-1809)の養子で、私はこの陰山豊洲にも少し関心を抱いているところでしたので、ますます楽しくなりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中