蘭子とは


『列子』説符篇に「宋有蘭子者,以技干宋元」とあり、「蘭子」という語が見えています。何のことでしょうか。

小林勝人氏は、この一文、次のように訳しています。

 宋の国に蘭子と呼ばれる流れ者の曲芸師がいて、その曲芸を宋の元君に売り込みに行った(『列子』下冊、岩波文庫、1987年、p.188)。 

また、『漢語大詞典』では「蘭子」の一語を「技を以て妄りに游ぶ者なり。即ち江湖を走る人を指す。蘭は「闌」に通じ、妄なり」と説明しています。小林氏の解釈と似た方向です。殷敬順が『列子釋文』を書いて「『史記』無符傳出入謂之闌。此蘭子,謂以技妄遊(『史記』に符傳無くして出入するを之(これ)闌と謂う。此の蘭子、技を以て妄りに遊ぶを謂う)」といいましたが、小林説、『漢語大詞典』説とも、これに影響されたものでしょうか。

一方、『説文解字』十二篇上、門部に、「𨷻,妄入宮掖也。从門䜌聲。讀若闌。(𨷻、妄りに宮掖に入る也。門に从(したが)い䜌の聲。讀みて闌の若(ごと)し)」とあります(なお段玉裁注本は「掖」を「亦」に作る)。そして段玉裁は次のように言います。

『漢書』以“闌”爲“𨷻”字之叚借。成帝紀:「闌入尚方掖門」。應劭曰:「無符籍妄入宮曰闌」。又或作“蘭”。『列子』:「宋有蘭子」。張湛注曰:「凡物不知生之主曰蘭」。殷敬順曰:「『史記』無符傳出入謂之闌。此蘭子,謂以技妄遊」。

『列子』に出てくる「蘭」子は、「𨷻」子の假借字だ、ということでしょう。なお張湛注の本文は、世徳堂本に基づき「凡人物不知生出者謂之蘭也」とするのが正しいというのが、王叔珉の説です(『列子補正』台聯國風出版社、1975年、p.390)。

「𨷻」(ひとまず『説文』に依拠して、「𨷻」を本字、「闌」「蘭」を假借字とみなして話を先に進めます)の字義は、「(宮門や関所などを)許可なく通過する」、ということにな

lanwangりそうです。そうだとすると、『列子』にいう「宋有蘭子者」とは、おそらく、「外国から勝手に亡命して宋に来ている人」、ということでしょう。芸人がどうのということは関係ありません。張湛が「凡そ人物の生出を知らざる者、之を蘭と謂う也」とするのは、正解に近いと思います(その土地の出身者でないから、出生地が分からないということ)。

ただし、『史記』や『漢書』には「闌入」「闌出」などの語彙が見えていますが、「𨷻」を用いた例はないようです。また、睡虎地秦簡『法律答問』48に「告人曰邦亡,未出徼闌亡,告不審,論可殹」とあるように、秦代の簡牘に書かれた法制史料には「闌亡」の語がよく見えていますが(右側の写真は『嶽麓書院藏秦簡』4から)、こちらも「𨷻」を用いてはいません。「𨷻」がその本字であるというのが、『説文』以外の資料によって裏付けられないのは残念です。

広告