『春秋説題辞』は「春秋説」の題辞にあらず


『春秋説題辭』は、『春秋』という経書に付会された「緯書」のひとつで、前漢末ごろにできたもののようです。

有名な緯書として、『易(緯)乾鑿度』などの「易緯」、『尚書(緯)考靈曜』などの「書緯」、『詩(緯)推度災』などの「詩緯」、『禮(緯)含文嘉』などの「禮緯」や「樂緯」、『春秋(緯)元命包』などの「春秋緯」、『孝經(緯)援神契』などの「孝經緯」、そして「論語緯」などがあります。緯書の題は、普通の書物と少し異なり、経書の名称を除くと、「推度災」「援神契」など、三文字でつけられるのが一般的です。

shuoticiそういうわけで、『春秋説題辭』も、もちろん春秋緯である『説題辭』という書物だと理解していたのですが、中国から出版されたある点校本に「《春秋說・題辭》」となっていたものですから、驚いてしまいました。虚をつかれたという感じでしょうか。

網羅的に緯書の佚文を集めた安居香山・中村璋八編『緯書集成』(明徳出版社、1971-1992)などを見ると、確かに、『春秋説題辭』などの「春秋緯」を「春秋説」として引用した例は少なからず存在します。

しかし、たとえば『春秋公羊傳疏』(序の疏)に「故《說題辭》云:傳我書者公羊高也」とあるように、「春秋」を冠せずにただ「説題辭」に云う、として引用した例もまた少なくないことを考えれば、「《春秋說・題辭》」の標点は誤りであることが分かりましょう。

「説題辭」も、「推度災」「元命包」「援神契」などと同様、三文字の書名であるはずなので、「《春秋說・題辭》」はいただけません(写真下段の「𣏟」字の段注に見えます)。

広告