リビネーションとは何ぞや?


狩野直喜『漢文研究法』(みすず書房、1979年)所収の「経史子概要」という文章を読んでいたところ、「リビネーション」という語に出会いました。

易を説くもの、古来幾百家なるかを知らず。……要するに、易は卜筮の書にして、天道を推して人事を明にするにあり。其の起原多くの野蛮人種に行はる「リビネーション」の類にして、極めて、単純なるものなりしならん。(本書、p.124)

「野蛮人種」云々の偏見についてはいま問わないこととしても、「リビネーション」とは何でしょうか?聞いたことのない言葉です。

色々考えて、やっと思い当たりました、英語のdivinationのことだ、と。占い、予言の類のことです。

答えが分かれば何ということもないのですが、しばらく頭を悩ませたのでした。

EKI

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中