ジガバチ再考


『詩経』小雅「小宛」第三章に、「蜾蠃」という蜂が歌われています。

中原有菽,庶民采之。 中原に菽有り、庶民 之を采る。
螟蛉有子,蜾蠃負之。 螟蛉に子有り、蜾蠃 之を負う。
教誨爾子,式穀似之。 爾が子を教誨し、穀(よ)きを式(もっ)て之に似す。

この詩をめぐって、ジガバチが「象我象我」という呪文をかけて、青虫を蜂へと変身させるのだ、という説が慧琳『一切経音義』や『東宮切韻』に見えていることを、かつて紹介したのですが、最近、吉川忠夫先生の「本草余聞」を拝読したところ、楊雄『法言』が引用されており、以前の記事ではお恥ずかしいことにそれを見落としていたのを思い出しました。このことは、実は、以前の記事のコメント欄にて、藤田吉秋さまからのご指摘をいただきましたが、今回あらためて『法言』を見ました。

螟𧕅之子殪,而逢蜾蠃祝之曰:「類我,類我。」久則肖之矣。速哉!七十子之肖仲尼也。(『法言』學行。いま『法言義疏』卷一、中華書局本、p.9による)
青虫の子が死んでしまうと、ジガバチがそれに向かって「我に似よ、我に似よ」と呪文をかけることとなり、しばらくするとジガバチに似てくる。本当に速いものだ(ジガバチ以上だ)、孔子の弟子の七十子が(孔子に感化されて)孔子に似たことは。

「類我類我」の呪文は、すでに楊雄が述べたものだったわけです。

また、汪宝栄『法言義疏』には、関連の資料が周到に引かれており、陸璣『毛詩草木鳥獸蟲魚疏』にも「里語曰:呪云:象我象我」とあることなども知りました。失考をおわびし、謹んで補訂いたします。

なお吉川先生によると、陶弘景『本草集注』は、ジガバチは青虫に卵を産み付けているだけで、決して善意で青虫を救っているわけではない、詩の作者の不見識はまだしも、孔子がこのような事実に反する詩を『詩経』に採録するとは何たることか(「詩を造る者は乃ち詳らかならざる可きも、未審〔いぶかし〕、夫子 何為〔なんす〕れぞ其の僻に因る邪〔や〕」)、と「聖人」を批判したのですが、『法言義疏』に引く陳喬樅『魯詩遺説考』によれば、掌禹錫、厳有翼、董彦辰、葉大慶、范処義、戴侗、楊慎、王廷相などの人々がいずれも陶弘景に従い、ジガバチはただ青虫に卵を産み付けているだけと考えた、とのこと。影響力の大きさが窺われます。

わたくし自身は、『詩経』にこの詩が含まれていることについて、それほど目くじらを立てるようなことなのかとの印象を持ちましたが、『毛詩正義』によれば、鄭玄は『禮記』中庸の「夫政也者、蒲盧也」(政治というのは、ジガバチが青虫を育てるのと同じだ。鄭注は「蒲盧,蜾嬴,謂土蜂也」といってジガバチと解釈)という孔子の言葉と併せて考えたそうなので、儒教においては、ジガバチをお手本にしようという意識が根深くあると悟り、陶弘景の批判もやむなしと思えるようになりました。

余談ながら、汪宝栄『法言義疏』によれば、「そもそも蜂が人間のことばを話すこと自体がナンセンス」という説を王夫之『詩経稗疏』が唱えているそうで、これに賛同する「合理精神」の持ち主も多いようですが、汪宝栄自身は、これはただのたとえ話なのだから、「船山(王夫之)の譏る所は、子雲(楊雄)固より受けず」、といって退けています。

広告

「本草余聞」


『杏雨』は、武田科学振興財団、杏雨書屋が刊行している雑誌で、その第21号(2018年5月)が近ごろ出ました。

この中に、吉川忠夫先生の「本草余聞」(pp.139-193)という随筆が掲載されており、先生の文章を文字通り渇望していた者として、欣喜雀躍どころではありません。

しかも、この「本草余聞」には、本草にまつわる十六篇ものエッセーが収められており、ページ数も多く、十分な読み応えがあろうことが、手にした瞬間に了解されたのでした。そのエッセーの題目を列記しておきましょう。

・陶弘景の『本草集注』と『真誥』
・謝霊運と杜甫
・遠志
・菊花
・人参
・薏苡
・王不留行
・当帰
・人乳
・鮧魚
・蟹
・蚦蛇胆
・木瓜
・苦菜
・酒
・聖人も闕有り

吉川先生が、同僚であった麥谷邦夫氏とともに研究班を組織して陶弘景『真誥』の訳注を成し遂げたことは、斯界の歴史にのこる大事業でしたが、その陶弘景のもう一つの著書、『本草集注』を糸口にして、本草関連記事を魏晋南北朝の文献に求めて縦横に語った諸篇です。

最後の一篇は、陶弘景が孔子に対して批判めいたことを述べていることを指摘したもので、私も以前少し触れたことのある、「蜾蠃」、すなわちジガバチにも関連しています。

一篇ずつ味わいながらゆっくり読みたいところでしたが、一気に通覧してしまいました。久々、吉川先生の文章の余韻に浸っているところです。