みすず版『漢文研究法』刊誤


最近、このブログの記事「平凡社東洋文庫版『漢文研究法』」の中で、「みすず版の瑕疵を数十箇所ほど訂正することができたのは、小さな喜びでした」と書いたところ、それを見て「どこをどう変更したのか」と声をかけてくれた友人がありました。

一冊買ってくれればすむものを、とも思いましたが、みすず版に訂正を加えて長く愛用したいということかも知れません。そういう需要もわずかながらあるのでしょう。以下、メモしておきます。左がみすず版、右が東洋文庫版で、問題のある字に色をつけてあります。

・p. 9「Qu sais-je?」→p. 19「Que sais-je?」

・p. 19「『千頃堂書目』三十二卷」→p. 30 「『千頃堂書目』三十二巻」

・p. 29「清邵懿撰」→p. 41 「清邵懿撰」

・p. 38「Toung Pao」→p. 51「T’oung Pao」

・p. 45「祖孝徴名(斑)」→p. 58「祖孝徴(名珽)」

・p. 48「北堂書引書索引」→p. 60「北堂書引書索引」

・p. 53 「太平廣記篇目及引引得」→p. 66「太平廣記篇目及引引得」

・p. 66「the Ching Period」→p. 81「the Ching Period」

・p. 70「陳德」→p. 86「陳徳(ルビ:うん)」

・p. 70「彭作」→p. 86「彭作

・p. 70「何崧」→p. 86「何崧

・p. 74「勵龢」→p.90 「勵龢」

・p.78「直隷等處(4)管巡撫事」→p.94 「(4)直隷等処管巡撫事」

・p. 84「古叢書」→p. 100「古叢書」

・p. 86「文豐出版社」→p. 102「文豊出版社」

・p. 93「文仲」→p. 111 「文仲」

・p. 93「読為位」→p. 111 「読為位」

・p. 98「通志讎略」→p. 115「通志讎略」

・p. 107「皮」→p. 125「皮

・p. 108「草木蟲魚疏」→p.125 「草木虫魚疏」

・p. 111「正」→p. 129「正

・p. 112 「劉」→p. 130「留、劉」

・p. 114「毛亨」→p. 132「毛亨伝 鄭玄箋

・p. 114 「馬辰」→p. 132 「馬辰」

・p. 114「毛詩稽古」→p. 132「毛詩稽古

・p. 122「古文尚書疏證」→p.141 「尚書古文疏証」

・p. 122「高宗日」→p. 141「高宗日」

・p. 123「王齡」→p. 142「王齢」

・p. 142「蓋禮記非醇經世問多六國秦漢人之所記」→p.163 「蓋礼記非醇経、其間多六国秦漢人之所記」

・p. 143「澔注」→p.164 「澔注」

・p. 145「子夏之徒不能贊一」→p. 166「子夏之徒不能賛一

・p. 163「虧()」→p. 184「虧()」

以上、本文に関する32条ほど、ここに列記しました。それ以外にも、狩野直禎氏の解説に引く本文を訂正し、また索引の誤字や不具合を訂正してあります。

(*平凡社東洋文庫版の購入は下記のリンクからお願いします。)

https://amzn.to/2uuKVwz

広告

僧祐のいわゆる「漢文」をめぐって


今回取り上げたいのは、「漢文」といっても文章の方ではなく、漢字のことです。「文」には字の意味もありますので、漢字のことを「漢文」と表現できるわけなのですが、これは中国ではいつ頃から用いられた語なのでしょうか。

そもそも、朝代が交替を繰り返す中国において、自分たちの文化を「漢」と意識することがいつにはじまるか、という問題にも関わります。

最近、吉川幸次郎「中国人と外国語—「出三蔵記集」と劉勰」(『吉川幸次郎全集』25、1986年)を読んだところ、中国が仏教の受容した時代のことに関わり、次のように書かれていました。

仏典の原語はサンスクリットであり、重訳の場合も、西アジアの諸語である。それを中国語にうつすという作業が、二世紀の後漢あるいは三世紀の三国以後、数百年にわたって大量に行われた。……大量の翻訳は、中国語以外の言語に対する知識と意識とを、著しく高めた。(p. 387)

そのうえで、様々な文字に対する興味深い認識が『出三蔵記集』にあることを次のように指摘します。

六世紀の名僧、釈僧祐の「出三蔵記集」は、そのころまでの仏典漢訳の歴史の記録である。それに次のようなくだりがある。いわく、世界には三種の文字がある。一、梵文、左から右への横書き。二、佉楼、右から左へ横書きする西アジアの文字。そうして第三が蒼頡、すなわち上から下へと縦書きの漢字。(同上)

その文章は、同書巻一の「胡漢譯經音義同異記」に見え、「造書之主(文字を作った人物)」が三人いたと述べる部分なのですが、原文を引用しましょう。

昔造書之主凡有三人:長名曰梵,其書右行;次曰佉樓,其書左行;少者蒼頡,其書下行。梵及佉樓居于天竺,黃史蒼頡在於中夏。(『出三藏記集』、中華書局、中國佛教典籍選刊、1995年、p. 12)

吉川幸次郎の文にはあらわれていませんが、梵が年長、佉楼がそれにつぎ、そして蒼頡が年少であるというように見立てています。

また、僧祐は「梵文」と「漢文」とを対にして用いており、「梵文」の「半字」「満字」を次のように説明しています。

半字為體,如漢文「言」字;滿字為體,如漢文「諸」字。以「者」配「言」方成「諸」字。「諸」字兩合,即滿之例也;「言」字單立,即半之類也。半字雖單,為字根本,緣有半字,得成滿字。譬凡夫始於無明,得成常住,故因字製義,以譬涅槃。梵文義奧,皆此類也。(同上、p. 12)

「半字」「満字」については、知識を欠く私にはよく理解できないのですが、ともかく、「梵文」に対して「漢文」の語が用いられていることには興味をひかれます。

中国の文字しか知らなかった古代の人々は、そもそも、それが多様な文字のうちの一種であるという認識を、当然持っていなかったことでしょう。彼らの文字が、他の文字との関係において相対化された時、はじめて「漢文」の語が生まれたのではないか。そのように考えれば、中国の南北朝時代に「漢文」の語が登場したことの意味は大きいはずです。

 

平凡社東洋文庫版『漢文研究法』


狩野直喜『漢文研究法』(みすず書房、1979年)については、このブログでもたびたび取り上げてきたところで、私のみならず、漢籍に関心を持つ人々に愛読者の多い一書であると思います。

昨年のことでしたか、平凡社の編集者、直井祐二氏から、同書を平凡社東洋文庫の一冊として復刻したい旨、お話をうかがいました。みすず版が長らく版元品切れとなっていたため、直井氏が狩野直禎先生のご遺族と相談の上、実現した話とうかがいました。

少々お手伝いなどをして、その東洋文庫版が近日中に出版される運びとなりました。

漢文研究法—中国学入門講義
内藤湖南と並ぶ京大東洋学の創始者、狩野直喜が約百年前におこなった一般向け講義。文学・史学・哲学・地理等を総合する中国学入門。
狩野 直喜 著 狩野 直禎 校訂
シリーズ・巻次 東洋文庫 890
出版年月 2018/07
ISBN 9784582808902
Cコード・NDCコード 0100 NDC 020.22
判型・ページ数 B6変 240ページ

kanbun狩野先生の学問を心から敬愛する者として、このお手伝いをさせていただけたことは、まことにありがたいことでした。

校正中は、学問の浅さからこの名著にとんでもない誤りを出しはしないかと日々畏れる毎日でした。みすず版の瑕疵を数十箇所ほど訂正することができたのは、小さな喜びでしたが、その一方で私のせいで別の誤りを出していないかどうか、心配はあります。本が刷り上がった今となっては、読者の皆様に点検していただくほかありません。

なお、みすず版で狩野直禎先生をはじめとする方々が付けられた補注は、一部改めたのを除き、ほぼそのまま録してあります。21世紀にふさわしい新たな補注を付け直すことができなかったのは残念といえば残念なのですが、その仕事はよりふさわしい方々にお任せしたいと思います。

https://amzn.to/2u1i3Lj