カテゴリー別アーカイブ: 清儒

「馬宗璉行年考」


恩師、陳鴻森先生が最近書かれた「马宗琏行年考」(《复旦学报(社会科学版)》2015年第5期)をたまたま眼にする機会があり拝読しました。近年は主に清朝の学者の伝記的事項を追っていらっしゃいますが、この論文もそのひとつ。馬宗璉(1757-1802)の伝記を記述したものです。

馬宗璉は今となっては知る人もない学者となってしまったらしいのですが、著名な『毛詩傳箋通釋』を書いた馬瑞辰(1782-1853)の父。しかも桐城派の巨匠、姚鼐(1731-1815)の甥にあたる、とのこと。馬宗璉は当時かなり重んじられた学者で、『清史列傳』69、『清史稿』482にも伝が立っているものの、現代ではその名を知る人も少なくなり、生卒年すら自明でないこと、この論文から知られます。

陳先生は乾隆・嘉慶年間の学者を網羅的に調べていらっしゃり、台湾・大陸の学界において圧倒的な存在感を示しておられます。その研究の徹底ぶりは追随者の接近を決して許さない水準に達しているものと評し得ましょう。

その陳先生が馬宗璉に関心を示されたのは、ただ彼が馬瑞辰の父、姚鼐の甥のであるのみならず、馬宗璉の学術が当時において決して軽視できない重要な地位を占めていたからに他なりません。その主著、『春秋左傳補注』三巻(1794自序、『皇清經解』1277-1279にも収める)が伝わる他、阮元が編纂した『經籍籑詁』の構想に大きな役割を果たし(たまたま昨日も『經籍籑詁』に触れました)、しかも、太平天国の乱に巻き込まれて失われた幻の巨著『史籍考』の分担執筆も行っていたことが、陳先生のこの論文により詳細に明かされています。

生卒年の確定にはじまり、『經籍籑詁』や『史籍考』といかに関わったのかなど、馬氏の人生を丹念に追い、一文ごと読み進めるうちに、次々と謎が解き明かされており、思わず興奮してしまいました。

13ページの論文に125の注。逐一、資料に裏付けられた記述です。資料と一口に言っても相互の間に齟齬がつきものですが、そのような複雑な資料が透徹した視線のもと、すっきりと明瞭に位置づけられ、見晴のよい場所に連れられて、先生とともに下界を見渡すような感覚を得ました。

著作を磨くこと


章学誠(1738-1801)が年下の友人である胡虔(あざなは雒君、1753-?)に宛てた手紙に、なかなか面白いことが書いてあります。

大抵攻辨文字,義蘊惟恐有所不暢,有蘊不暢,便留後人反詰之端;而措辭又不欲其過火,過火亦開後人反詰,所謂太過反致不及也。(『章學誠遺書』卷9「與胡雒君」)

自分の書いた文章の意図を人に伝えるのは難しいことで、言い足らないと後世の人に伝わらず、さりとて言い過ぎるとかえって非難を浴びる。過ぎたるは及ばざるがごとしだ、と。

そこで、自分の書いた文章を信頼のおける友人たちに読んでもらい、批正を受けて改稿し、何とか後世の人に理解される文章にすることが必要だと章学誠は考えます。

 鄙意欲將生平撰著為師友所正定者,仍注正定之人及未正定之原文與所以正定之故於其下方,明示後人,非敢為矯情也。一則不沒人善,且恐其人不幸不傳,而鄙著幸存,其人可附而傳;一則文辭增減改易,字句小異,意義懸殊,實有補於後學之推尋研究。二者關係皆非淺鮮,故雖冒矯情之嫌而不自阻也。(同上)

友人たちに修正意見をもらい、その結果を反映させた本文を浄書し、原稿の下方には、「正定」してくれた人の名前、「正定」する前の本文、「正定」した理由などを書いておく。これは「矯情」ではなく、必要あってすることだ、と章学誠は言います。「矯情」とは『後漢書』逸民傳に「或高棲以違行,或疾物以矯情」と見えることばで、ことさら奇矯な振る舞いをして高潔を気取ることだそうです。

こうした章学誠の清書稿が遺っていれば愉快なのですが、その存否については知りません。

清朝において、著作に関する意見の応酬は主に書簡のやりとりを通してなされたことが、当時の人たちの手紙からわかります。章学誠が素直に他人の意見を聞く人であったとは思えませんが、それでも、他の学者から寄せられた意見を非常に大切にしていたことが伝わるようです。

前撰「婦學」之篇請正,而賜正頗略,恐尊意有所嫌而不盡其辭,故言此以解尊疑,如何如何?(同上)

胡虔に「婦學」篇(いま、『文史通義』内篇に収めます)を送り、書評を求めたところ、どうやら生ぬるい返事が返ってきたらしく、あらためて意見を述べるよう督促したもので、現代の論文査読者もひるむような勢いがあります。

章学誠が胡虔と知り合ったのは、乾隆五十六年(1791)であり、「婦學」篇を書いたのは嘉慶二年(1797)以降—すなわち章氏六十歳以降—であるらしい、とのこと(いずれも胡適『章實齋先生年譜』によります)。老境にさしかかってもなお自分の文章を少しでもよくしようと尽くす情熱。それがにじんでいるように感じます。

光緒刊本『東塾讀書記』


広州版『東塾読書記』
広州版『東塾読書記』

近ごろ、陳澧(ちんれい,Chen Li,1810-1882)の『東塾読書記』を読みました。有名な書物ですが、これまで通読してみたことはなかったのです。

著者の陳澧は広東番禺の人。字は蘭甫、号は東塾。道光十二年(1832)の挙人。『東塾読書記』のほか、『声律通考』『切韻考』『漢儒通義』などの著作があります。

数年前、京都大学人文科学研究所に蔵する同書、すなわち光緒年間広州刊『東塾読書記』を調べたことがあります。それを思い出しましたので、その版本の概要を載せておきます。

子部 儒家類 考訂之屬
東塾讀書記二十五卷 佚稿一卷
清 陳澧 撰   光緒中 廣州 刊本  7册
(『東塾讀書記』)原闕卷第十三第十四第十七至第二十第二十二至第二十五
京大人文研 東方 子-II-3-64

本書の巻数は25巻となっていますが、これは陳澧が目録だけ作ったものの、未完に終わった部分を含んだ巻数です。以下の巻については、本書の目録に「未成」とされています。

卷十三「西漢」/卷十四「東漢」/卷十七「晉」/卷十八「南北朝隋」/卷十九「唐五代」/卷二十「宋」/卷二十二「遼金元」/卷二十三「明」/卷二十四「國朝」/卷二十五「通論」

それを除く巻、すなわち完成された巻を以下に示します(「西漢」巻は未完ではありますが、一応、最終冊(第七冊)に収められるという、便宜的な処置になっています)。

  • 卷一「孝經」
  • 卷二「論語」
  • 卷三「孟子」(以上,第一冊)
  • 卷四「易」
  • 卷五「書」
  • 卷六「詩」(以上,第二冊)
  • 卷七「周禮」
  • 卷八「儀禮」
  • 卷九「禮記」(以上,第三冊)
  • 卷十「春秋三傳」
  • 卷十一「小學」(以上,第四冊)
  • 卷十二「諸子書」
  • 卷十五「鄭學」(以上,第五冊)
  • 卷十六「三國」
  • 卷二十一「朱子書」(以上,第六冊)
  • 卷十三「西漢」(未成,第七冊)

この光緒年間刊の広州版は、『東塾読書記』の版本としては最も古いもの。巻首には、同治十年(1871)二月の陳澧の「自述」と、それに対する門人、廖廷相(1842-1897)の案語があります。その廖氏の案語に「(光緒)八年正月二十二日、先生卒、年七十有三。所著『東塾讀書記』、得十二卷、又三卷、已刻成」と見えますので、この本は光緒八年(1882)に陳澧が逝去した後、門人の手によって出版されたものと知られます。

この書物は、考証でもメモでもなく、まるで学生に語りかけるように書かれており、実に活き活きとしています。特に礼と小学の部分の記述に感動しましたが、それはいずれ紹介することといたしましょう。
光緒刊本『東塾讀書記』 の続きを読む