カテゴリー別アーカイブ: 修辞

位は徐広に非ず、情は楊彪に類る


北周から隋代にかけて生きた栄建緒は、まがったことの嫌いな人物で、学問も立派であったとのこと。

彼はもともと楊堅(のちに隋の文帝となる人、541-604)と親しく、楊堅が北周を倒す野望をいだき、栄氏にそのことをほのめかしたところ、「明公の此の旨、僕の聞く所に非ず」と栄氏が色をなした、と『隋書』は伝えます。それに対して、楊堅は不機嫌になったものの、栄氏はそのまま立ち去りました。

(榮)毗兄建緒,性甚亮直,兼有學業。仕周為載師下大夫、儀同三司。及平齊之始,留鎮鄴城,因著『齊紀』三十卷。建緒與高祖有舊,及為丞相,加位開府,拜息州刺史,將之官,時高祖陰有禪代之計,因謂建緒曰:「且躊躇,當共取富貴。」建緒自以周之大夫,因義形於色曰:「明公此旨,非僕所聞。」高祖不悅。建緒遂行。(『隋書』卷六十六、榮建緒傳)

隋が天下を取ると、いまや隋の文帝となった楊堅の前に、栄氏が再び現れました。文帝は「お主も後悔しておるか?」と昔の話を蒸し返します。すると栄氏は、頭を下げて「臣、位は徐広に非ず、情は楊彪に類(に)る」と答えました。これには文帝も苦笑し、「朕は書物の文言は知らぬが、それでもお主のこのことばが不遜であるのは分かるぞ」と言った、とのこと。

開皇初來朝,上謂之曰:「卿亦悔不?」建緒稽首曰:「臣位非徐廣,情類楊彪。」上笑曰:「朕雖不解書語,亦知卿此言不遜也。」(同上)

「位は徐広に非ず、情は楊彪に類る」。徐広(352-425)は東晋末から劉宋初にかけて生きた人、東晋に忠誠心を持ちつつも、宋では高祖に重用され秘書監にまで至りました。一方の楊彪(142-225)は後漢末から魏初にかけて生きた人で、後漢に仕え、曹操には屈しない態度を示しました。

この対句から、栄氏の気骨がうかがわれます。

文帝が「不遜」と評した栄氏のことば、内容が露骨であることはもちろんですが、その「言いぶり」もなかなか嫌味です。「位非徐廣,情類楊彪」、駢文の中に見出されてもおかしくない綺麗な対句で、平仄まで整っています。そう思って見返してみると、もう一つの発言、「明公此旨,非僕所聞」の方も、平仄が合っているのです。

こういう、いかにも文人らしい美しい「言いぶり」が、文帝をますますいらだたせたのかも知れません。

『唐律疏議』名例律の篇題疏


『唐律疏議』(元来の書名は『律疏』)は、唐代の永徽律につけられた注釈で、三十巻、長孫無忌(?-659)らの撰、永徽四年(653)の成書。この注釈の一番はじめの部分は少し変わっています。

唐律は、名例第一、衛禁第二、職制第三、戸婚第四、厩庫第五、擅興第六、賊盗第七、闘訟第八、詐偽第九、雑律第十、捕亡第十一、断獄第十二、以上、十二の律から成り立っていますが、その第一、「名例」の篇題につけられた疏のことです。

劉俊文校『唐律疏議』(中華書局、1983年)によって、その全文をお示しします。

  • 夫三,萬;稟,人。莫不憑黎元而樹司宰,因政教而施刑法。其有情,識,大則亂其區宇,小則睽其品式,不,則未。故曰「以刑止刑,以殺止殺。」刑不可,笞不得。時,用。於是結,盈;輕,大。『易』曰「天垂象,聖人則之。」觀雷而制威,睹秋而有肅,懲,而防;平,而存,蓋聖王不獲已而用之。古者大刑,其次;中刑用刀鋸,其次用鑽笮;薄刑用鞭扑。其所由來,亦已尚矣。昔白、白,則伏、軒;西、西,則炎、共。鷞於少,金於顓。咸,典。大,撃。逮,化,議,畫媿,所有條貫,良多簡略,年代浸遠,不可得而詳焉。堯舜時,理官則謂,而皋,其,而往,則『風俗通』所云「皋陶謨,虞造律」是也。
  • 者,訓銓,訓法也。『易』曰「理財正辭,禁人為非曰義。」故銓量輕重,依義制律。『尚書大傳』曰「丕天之大律。」注云「奉天之大法。」法亦律也,故謂之為律。昔者,聖人制作謂之為經,傳師所説則謂之為傳,此則丘明、子夏於『春秋』、『禮經』作傳是也。近代以來,兼經注而明之則謂之為義疏。疏之為字,本以疏闊、疏遠立名。又『廣雅』云「疏者,識也。」案疏訓識,則書疏記識之道存焉。『史記』云「前主所是著為律,後主所是疏為令。」『漢書』云「削牘為疏。」故云疏也。昔者,三王始用肉刑。赭衣難嗣,皇風更遠,樸散淳離,傷肌犯骨。『尚書大傳』曰「夏刑三千條。」『周禮』「司刑掌五刑」,其屬二千五百。穆王度時制法,五刑之屬三千。周衰刑重,戰國異制,魏文侯師於里悝,集諸國刑典,造『法經』六篇,一、盜法;二、賊法;三、囚法;四、捕法;五、雜法;六、具法。商鞅傳授,改法為律。漢相蕭何,更加悝所造戸、興、廏三篇,謂九章之律。魏因漢律為一十八篇,改漢具律為刑名第一。晉命賈充等,增損漢、魏律為二十篇,於魏刑名律中分為法例律。宋齊梁及後魏,因而不改。爰至北齊,併刑名、法例為名例。後周復為刑名。隋因北齊,更為名例。唐因於隋,相承不改。者,五刑之罪名。者,五刑之體例。名訓為命,例訓為比,命諸篇之刑名,比諸篇之法例。但名因罪立,事由犯生,命名即刑應,比例即事表,故以名例為首篇。者,訓居,訓次,則次第之義,可得言矣。者,太極之氣,函三為一,黄鍾之一,數所生焉。名例冠十二篇之首,故云「名例第一」。
  • 以上,英,潤春於品,緩秋於黎。今,前,章,鴻,而刑,執,大,刑。一,一。不,觸。皇帝彝,納。德禮為政教之本,刑罰為政教之用,猶昏曉陽秋相須而成者也。是以降綸於台,揮折於髦,爰,大。遠則皇,近則蕭、,沿,自,甄,裁。譬權,若規。邁,同者矣。

お示しした文章は、原文では段を分けていませんが、考えがあって三段に分けました。その理由は、私の分けた第一段と第三段が駢文によって書かれているのに対し、両者の間に位置する第二段が駢文ではない、ということです。その第二段は、典型的な注釈の文章、義疏の文章になっています。

駢文の部分、平仄を合わせたらしいところにつき、平声を赤、仄声を青で表示しました。これを見ると、たとえば王勃(650-676)以後のような完全な平仄ではありませんが、基本的には平仄を意識していることが看取できます。

また句末の文字に着目すると、仄/仄と重なっている場合(つまり「平仄が合っている」とは言えない場合)でも、互いに上・去・入をたがえ、声調による区別をしており、音響を意識して書いています。

  • 「憑黎元而樹司(上),因政教而施刑(入)」
  • 「大則亂其區(上),小則睽其品(入)」
  • 「咸有天(入),典司刑(去)」
  • 「所有條(去),良多簡(入)」
  • 「潤春雲於品(入),緩秋官於黎(去)」
  • 「不有解(入),觸塗睽(去)」
  • 「降綸言於台(上),揮折簡於髦(去)」
  • 「甄表寬(去),裁成簡(上)」

それに対して第二段は、「律名例第一」の書名と篇題とを解釈したもの、一字一字に対し、その訓詁と内容を説き、なぜ「律」「名」「例」「第」「一」の語が使われているのかを、いちいち解釈しています。典型的な義疏のスタイルで、平仄への意識は欠如しています。

このような二種の文体が、ひとつの文章にまとめられている点に、たいへん興味をひかれました。小さな発見かもしれません。

『唐律疏議』名例律の篇題疏 の続きを読む

平仄に着目して、古文を読む


啓功『詩文声律論稿』(中華書局,1977年)は、平仄(ひょうそく)という手がかりによって中国の詩文を読み解く著作です。唐代の近体詩や六朝後期の駢文が、平仄のルールにしばられていることは、よく知られることです。またその萌芽として、漢代の詩文などにおいてもすでに平仄が意識されていたらしく、啓功氏が賈誼「過秦論」を挙げて説明したことを、昨日、紹介しました。

六朝から唐代にかけて発達した「駢文」は平仄の調和を追求した美文ですが、平仄を過度に整えたせいもあり、唐代の中期には表現が固定化・陳腐化してきていました。そこで韓愈らが徹底的に駢文を批判し、「古文」という文体の「復活」を唱えたのです。

唐代以来の「古文」は駢文を否定した上で成り立ったわけですが、では、その「古文」では、平仄が無視されているのかどうなのか。啓功氏は、「古文」でもちゃんと平仄が意識されている、というのです。啓功氏が分析する王安石「讀孟嘗君傳」は、「古文」の代表作。その文をまずはお示ししましょう。

世皆稱孟嘗君能得士,士以故歸之,而卒賴其力,以脫於虎豹之秦。 嗟乎!孟嘗君特雞鳴狗盜之雄耳,豈足以言得士?不然。擅齊之彊,得一士焉,宜可以南面而制秦,尚何取雞鳴狗盜之力哉?雞鳴狗盜之出其門, 此士之所以不至也。

これを、啓功氏は次のように分析します。平声は朱で、仄声は青で強調します。二文字を一単位とし、それを「節」と呼び(昨日いった「小箱」)、その二文字目が平字のものを「平節」、仄字のものを「仄節」といっています。

世 皆稱 孟嘗君 能 得士, (平節/仄節。抑調)
士 以故 歸之, (仄節/節。揚調

而 卒賴 , (仄節/仄節。抑調)
以 於 虎豹 之秦。 (平節/仄節/平節。揚調)

嗟乎! (平節)
孟嘗君 特
雞鳴 狗盜 之雄 耳, (平節/仄節/平節。揚調)
豈足 以言 得士? (仄節/節/仄節。抑調

。 (平節。揚調)
齊 之彊, (平節/平節。揚調)
得一 士, (仄節/平節。揚調)
宜 可以 面 而 , (仄節/仄節/平節。揚調)
尚 取 雞鳴 狗盜 之 ? (仄節/平節/仄節/平節。揚調)
雞鳴 狗盜 出 其門, (平節/仄節/仄節/平節。揚調)
此士 之 所以 不至 也。 (仄節/仄節/仄節。すべて抑調で、断定的に言い切る)

「不然。擅齊之彊,得一士焉,宜可以南面而制秦,尚何取雞鳴狗盜之力哉?雞鳴狗盜之出其門」まではすべて揚調で興奮気味に表現し、最後の一句「此士之所以不至也」を抑調で自信をもって言い切る。こんな感じです。

皆さんも、「平仄」を意識して中国文を読んでみませんか?

『詩文声律論稿』


啓功『詩文声律論稿』を読みました。啓功氏(1912-2005)については、自伝を紹介したことがありますので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、本書は啓功氏が中国の詩文における「平仄(ひょうそく)」の問題を取り上げた一書です。

啓功『詩文声律論稿』
中華書局,1977年

平仄といえば、多くの人が、「唐詩の作詩上の決まりごと」と理解されていると思います。もちろんそれは誤りではなく、本書『詩文声律論稿』でも、大きな紙幅を近体詩(律詩と絶句)の説明にあてています。

しかし本書の題名に「詩文」「声律」の語が含まれることからも分かるように、より一般的に中国語で書かれた韻文・散文の声律が、本書では取り上げています。詩ばかりでなく、『史記』の文章や、駢文・宋詞・元曲まで、実に広く中国文の声律が論じられているのです。

平仄というのは、もともと「決まりごと」だったわけではなく、次第に意識されるようになった音の美しさを、後の世の人が「決まりごと」としてまとめたものですから、唐代の詩より以前から平仄が存在したのは当然です。

啓功氏は、二文字を一つの単位とし、それを小箱(盒)にたとえます。二文字のうち、一文字目を箱のふた(盒蓋)に、二文字目を箱の本体(盒底)に見立てるのです。そのうち後者がより重いこともまた箱と同様で、駢文でも近体詩でも、二文字目の平仄は、互い違いにしなくてはなりません。

たとえば杜甫の詩に次の一聯が見えます。いま「盒底」だけをとりあげ、平声を赤で、仄声を青で示してみましょう。

徑 曾 客 
門 始 君 

「徑」が仄、「曾」が、「客」が仄。そして「門」が平、「始」が仄、「君」が平。互い違いに排列されています。さらには、こうして並べてみれば明らかなように、同時に「徑」が仄でその隣の「門」が平、「曾」が平でその隣の「始」が仄、「客」が仄でその隣の「君」が平となるようにも排列されているのです。

「盒底」の平仄を交互に配るという決まりが守られていることが分かります。それ以外にも各句の末字も平仄を違えねばなりません(この場合、「掃」が仄、「開」が平)。

こういうことは『唐詩概説』などにも書いてある近体詩の決まりですが、それを小箱に見立てて説いたところが愉快です。

なお、ある漢字が平声であるか、仄声(上声・去声・入声)であるかを知るためには、漢和辞典をめくればよいのですが、調べなくても、中国語の「普通話」を学習した日本人ならば、ある程度、見当がつきます。

さて、以上はむしろ常識に属する平仄の話ですが、啓功氏が強調するのは、ほとんどすべての中国文は平仄を意識して書かれているということです。賈誼の「過秦論」に人名を列記して、「有寧、徐、蘇、杜之屬為之謀,齊、周、陳、昭、樓、翟、蘇、樂之徒通,吳、孫、帶、兒、王、田、 廉、趙之朋制其兵」とあるのですが、この列記にすら、(交互というわけではありませんが)平仄が意識されているというのですから、驚きです。

平仄は近体詩だけのものではありません。

平仄の平というのは、啓功氏によれば抑揚の揚、つまり高く上がった調子。仄とは抑、つまり低くおさえた調子を表現します。この抑揚により、中国文の声律が支えられているとみるわけです。本書の末尾に書かれた啓功氏の言葉を味わい、見習いたいものです。

うまく文章を読み上げる人は、文中の思想や感情を伝えるだけでなく、声律の重要な鍵をも表現することができるものなのだ。