カテゴリー別アーカイブ: 語彙

『論衡與東漢佛典詞語比較研究』


胡敕瑞『《論衡》與東漢佛典詞語比較研究』(巴蜀書社、2002年)を読みました。語彙の研究です。本書が出版された時に、いち早く購入したのですが、「なぜ『論衡』と仏典が選ばれたのか」、「それが漢語史の上で、どういう意味をもつのか」、今ひとつしっくりこず、ながらく書架に挿したままになっていました。

緒論

第1章 《論衡》與佛典的單音詞及複音詞

 1.1 《論衡》與佛典的新興單音詞

 1.2 《論衡》與佛典的新興複音詞

第2章 《論衡》與佛典的新舊詞

 2.1 《論衡》與佛典詞語的新舊對應比較

 2.2 《論衡》與佛典詞語變化的機制和方式

第3章 《論衡》與佛典的詞義

 3.1 《論衡》與佛典詞義發展的概説

 3.2 《論衡》與佛典詞義演變的途徑

第4章 《論衡》與佛典的同義詞和反義詞

 4.1 《論衡》與佛典的同義詞比較

 4.2 《論衡》與佛典的反義詞比較

第5章 《論衡》與佛典詞語的結構和詞語的搭配

 5.1 《論衡》與佛典詞語的結構比較

 5.2 《論衡》與佛典詞語的搭配比較

結語

目次を見てもやや単調ですし、ここ数年、語彙研究が出すぎている嫌いもあり、埋没した印象を受けていました。しかしながらこの書物は、実はきわめて興味深い研究書なのです。上古漢語から中古漢語への過渡期にあたる後漢、その時代の口語を伝える資料として選ばれた、『論衡』と後漢の漢訳仏典。しかも、著者の境遇も、その内容もまったく異なる両者を常に一つの視野に置き、両者の共通性と異質性とをねばり強く追っている胡氏の思考には感嘆させられます。

中古漢語は上古漢語と比較して、語彙の面において、明白な違いがあります。私は『世説新語』を繰り返し読み、中古の語彙にはやや心得があるつもりでいましたが、そのような新語をよりよく理解するためには、後漢の新語を知る必要があることを、本書を読んで痛感しました。

新語がたくさん醸成された後漢。その語彙を研究する本書の方略は、新語や新しい言語現象に着目するものです。「動詞が何パーセントで、名詞が何パーセント」「単音節語が何パーセントで、複音節語が何パーセント」などと、書物をまるで死体のようにとらえて「統計処理」する語彙研究が目につく中、本書は実に動的に語彙の発展をとらえています。

『論衡』の語彙を従来の注釈よりも深く読み解き、仏典については同本異訳を參照して意義を明らかにし、前後の用例を調べ、その結果を根拠として、『漢語大詞典』『漢語大字典』などの不足を補ってゆく、という丹念な作業です。たとえば、排泄物を意味する「大便」の用例として、『漢語大詞典』ははるか後世の『西遊記』を挙げますが、胡氏は『七処三観経』『修行本起経』『傷寒論』にすでに用例があることを指摘します。このような辞書の記載を訂正しうる指摘は、枚挙にいとまありません。

また第5章において扱われる「搭配」とは、英語のcollocationの訳で、現代漢語のcollocationが仏典にまでたどれる例を示しており、興味深く読みました。「放箭」「放水」「下種」など。前漢以前にはなかった組み合わせのようです。

「あの人は漢文がよく読める」「あの人は読めていない」などとよく耳にします。では、「漢語の文章が読める」ことの判定基準は如何、と問うと、人によりずいぶんと差があるものです。私の判断基準のひとつは、「文章を読んで、時代が判定できているか否か」です。語彙や文法の変化に鈍感な人は、たとえ大体の意味がとれていても、「読めている」、とは思えません。

その意味で、漢語の文章を読み解く胡氏の実力の確かさには、目を見張るものがあります。そして本書を読むことを通して、自分の読書力の曖昧さにあらためて気づきました。この一冊を通し、個別の知識を得たことはもちろんですが、それ以外にも、読みの徹底ぶりを示され、大いに啓蒙されました。

最後に注文を一つ。漢訳仏典の語彙を考察する際、やはり、サンスクリットとの対照が不可欠であると思います。新語が続々と生み出された背景にも、きっと外国語からの翻訳という面があったはずです。その方面の追究は、かならずしも十分でないと感じました。

*胡敕瑞『《論衡》與東漢佛典詞語比較研究』(巴蜀書社、2002年)、Webcat所蔵図書館は17館。

広告

『宋書複音詞研究』


万久富『《宋書》複音詞研究』(鳳凰出版社、2006)を読んで、勉強になりました。487年、沈約という人の書いた、『宋書』という歴史書がありますが、この書物に用いられている熟語に関する研究です。

本書の第五章「《宋書》聯合式同素異序複合詞」の第三節「聯合式同素異序複合詞発展的内在機理」という一節が私の興味を引きました。

漢語では、しばしば同義・類義・反義の2文字を組み合わせて2字の熟語を構成するのですが、その際、第1字目に置かれる文字に関して法則性がある、というおはなしです。「平坦」というときの「平」も「坦」も似たような意味ですが、漢語では「坦平」とはいわない。これは何故か、という問題です。

 張鴻魁「〈世説新語〉并列結構的字序」は、「并列結構の字序は、第一に、そして主には声調により決定される。声調の規則というものが客観的に存在する」といい、「同じ声調に属する字の并列結構においても、字序は自由に置き換えられず、声調の規則の下に、さらにもうひとつの習慣、ないし規則が字順を制約している。字序を制約しているのは、声母の要素であり、我々はこのように声母が字序を制約していることを「声序規則」と呼んでいる」という(『魏晋南北朝漢語研究』281頁、286頁)
張氏は前後の文字の確率統計に基づいて、以下の結論を導き出した、「一般的に「前清後濁」であり、「明」類の字(「明」母、「微」母、「泥」母、「疑」母)は多くの場合、後ろに置かれ、「影」母の字は多くの場合、前に置かれる」など、と。
李思明「中古漢語并列合成詞決定詞素次序諸因素考察」は、「并列合成詞の詞素の配列順序に対して影響をもつのは、まず第一に声調、次に声母で、韻母はいかなる作用も及ぼさない」という(『安慶師範院社会科学学報』1997年、第1期)。 (万久富『《宋書》複音詞研究』より)

本書の著者である、万久富氏は、『宋書』に見えるさまざまな語彙のうち、後世、使用されなくなってしまった語彙を検討しているのですが、その結果、以上の原則から外れるもの(「源淵」「泄漏」など)が、多く淘汰された、という結論を導いています。

漢語の語彙を考えるについて、実に興味深い視点です。同義語・反義語を組み合わせた熟語について、いろいろと考えてみることが出来そうです。

*Webcatによると、所蔵図書館は、7館(本日付)。