カテゴリー別アーカイブ: 苦言

日本の大学図書館における中国書の貧弱さ


 このブログ、「学退筆談」では、中国学を研究する際に必要と思われる中国書を紹介するよう、心がけています。もちろん、私個人の一面的な見方ではありますが、どうでもいいような書物、欠陥の大きな書物は避けているつもりです。

 書物を読む時、皆さんは書店で購入されますか?それとも図書館を利用されますか?「蔵書派」と「図書館派」の分かれ目です。大部分の方は、自分の蔵書と図書館の図書の両方をご利用のことと思います。

 大学生には、自分の通う大学の図書館を十分に活用してもらいたいと思います。大学の蔵書の豊かさは、それぞれの大学の力を測るメルクマールのひとつです。同じような授業料を払うなら、優秀な図書館を持つ大学に通った方が断然よいにちがいありませんし、また、同じ大学に通うなら、図書館の資料をより多く使いこなすことを目指すべきでしょう。

 そういう意味で、このブログで書物を紹介するたびに、大学図書館の連合目録、Webcatの所蔵状況をメモしてあります。皆さんの通う大学、将来、通いたい大学に、書物があるのかどうかを、こまめにチェックしてもらいたいと思っています。必要な書物がない場合は、図書館に申請書を出して、購入を促すべきです。

 しかしこのメモも、だんだんと苦痛になってきました。というのは、私の紹介する書物を所蔵する図書館が、あまりにも少ないからです。最近、紹介した書物の所蔵館数を見てください。

  • 中国社会科学院語言研究所古代漢語研究室『古代漢語虚詞詞典』商務印書館,1999年。Webcat所蔵図書館は39館。
  • 郑慧生『校勘杂志 : 附司马法校注』河南大学出版社,2007年。Webcat所蔵館は,2館。
  • 彭林『中国古代礼儀文明』中華書局(文史知識文庫),2004年。 Webcat所蔵館は,11館。
  • 錢玄,錢興奇編著『三禮辭典』江蘇古籍出版社,1993年,Webcat所蔵館は32館。
  • 張金泉,許建平『敦煌音義滙考』杭州大學出版社,1996年。Webcat所蔵図書館は26館。
  • 許建平『敦煌經籍叙録』中華書局,2006年。Webcat所蔵図書館は13館。
  • 楊樹達『積微翁回憶録・積微居詩文鈔』上海古籍出版社,1986年。Webcat所蔵図書館は16館。
  • 唐作藩『音韵学教程』,北京大学出版社,1987年。Webcat所蔵館は5館。
  • 唐作藩『音韻學教程』第2版,北京大學出版社,1991年。Webcat所蔵館は12館。
  • 唐作藩『音韻學教程』第3版,北京大學出版社,2002年。Webcat所蔵館は0館。
  • 『啓功口述歴史』北京師範大学出版社,2004年。Webcat所蔵館は0館。

 日本の大学図書館の中国書蒐集に、このような穴があるとは思いませんでした。とても残念なことです。中国書の蒐集が軽んじられているのでしょうか。学生の皆さんにというより、大学図書館の関係者に対する問題提起です。

広告

文言文の学び方


 日本人が漢語の「文言文」を学ぶときの方針について、私の考え方をかつてサイト「文言基礎」でかなり詳しく紹介しました。

 考え方は以上の通りとして、ではどのように文言文の基礎を学んでゆくか。私の答えは単純です。

  1. 現代中国語を学ぶ。
  2. 「文言基礎」で『千字文』を暗誦する。

 この方法で文言文の基礎を身につけられた方が何人もいらっしゃいます。もちろん、我々の先輩たちや古人は、『千字文』に限らず、さまざまな方法、教材で文言文を学ばれたので、私の方法が唯一絶対でないことは言うまでもありませんが、比較的、簡便な方法ではないかと自負しています。

 ところが、私のこの方法を信じてくれない人が、私の親しく知る学生諸君の中にもいることは、実に残念なことです。私の推奨する『新華字典』『辞源』に習熟しようとせず、相変わらず漢和辞典を手放さないのは、実に残念なことです。『千字文』を朗詠しないのは、実に残念なことです。

 私は、この方法を実践するのに、特別な聡明さ、特別な能力、特別な環境が必要だとは思いません。「ある程度までは」誰でも学べることです。それを信じてもらえないのは、私の不徳の致すところでもありますが、実に残念です。むかし「今女画」と言った人は、どのような気分だったのでしょうか。